小魚がバスやシーバスに追われると、パニック状態になって逃げ惑います。

水面から飛び出してしまうものもいて、そこ目掛けてルアーをキャストするアングラーは多いでしょう。

2022年春にラインスラックからリリースされたパニックジャックは、ベンシルベイトとミノーのハイブリッドルアー。

いったいどんな特徴を持っているのか、使い方やおすすめタックルも含めてご紹介しましょう。

パニックジャックってどんなルアーなの?

パニックジャックとは、2022年にラインスラックからリリースされた、トップウォータールアーのことです。

サイズ設定は、全長10cmでウエイトは15g。

細身で頭の部分が縦方向に膨れていますから、浮力が頭に集中しているとみていいでしょう。

ラインに結んでキャストしてみると、その飛距離の伸びに驚かされます。

最後尾に寄せてタングステンウエイトを設置しているので、後方固定重心になっていて、よく飛ぶのです。

着水して放置すると、やや前傾した状態で立ち浮き姿勢に。

このとき、アゴ下から突き出しているショートリップは、なんと水面の上にあります。

当然水を受けることはできないのですが、ここからがこのトップウォータールアーの本領発揮。

たるんでいたラインをピンと張って、ロッドティップを1回トゥイッチ。

そうすると立ち浮き姿勢から前方に倒れて、水平に近い状態に。

こうなればショートリップは水をとらえますから、ボディをロールさせたり、左右へ向きを変えてダートさせたりします。

前方への倒れ方が浅ければ、ショートリップによるアクションは弱め。

倒れ方が深ければ、水をたくさん受けるので、ショートリップによるアクションは大きくなります。

ランダムにアクションが切り替わることで、生命感溢れるパニック逃走アクションを演出できるわけです。

もし後方で急にボイルが発生したら、そこへ向けてパニックジャックを撃ち込んでみましょう。

かなりの確率でバスやシーバスが飛び掛かってきます。

もしフラットな水面が広がっている状況でも、パニックジャックでかき回して、フィッシュイーターたちの捕食スイッチをオンにすることもできるでしょう。

実際に雨降りのシチュエーションで、パニックジャックを使ってみました。

ボイルが発生したポイントで、しっかりバスをフッキングすることができましたし、岸際のカバー周りでも豪快に襲われました。

(広告の後にも続きます)

パニックジャックの使い方・デジ巻きアプローチをチェック!

パニックジャックの使い方として、ロッドワークでアクションさせる方法以外に、もうひとつカンタンなアプローチ方法があります。

それは、デジ巻き。

パニックジャックをキャストしてラインをピンと張ってから、ロッドに装着しているリールのハンドルを素早く回してください。

1回転ぐるりと回すのではなく、ハンドルノブを前方でつまんで、一気に180度後方まで巻き切るのです。

そして、そこで一旦ストップ。

強烈な引っ張るチカラに、パニックジャックはバランスを崩します。

続けて今度は、後方から前方へ、やはり180度分だけハンドルをスピーディーに回してください。

そして止めます。

止めたらすぐに、また180度分ハンドルを回転。

これをデジ巻きと呼んでいて、エクストラハイギア仕様のリールなら、ラインの巻き取り量が多いので、より一層パニックジャックはバランスを崩すでしょう。

逃げ惑う小魚の姿を見事に演出しますから、これに遭遇したバスやシーバスは、もう襲わずにはいられなくなるはずです。

出典:ラインスラック