タンデムウィローリーフブレードが装備されていて、シャローエリアをくまなくチェックできるスピナーベイトとして不動の人気を誇っているのが、ノリーズのクリスタルSです。

2022年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップの予定。

ますます目が離せなくなったバス釣り定番アイテムを、詳しくご紹介しましょう。

クリスタルSってどんなルアーなの?

クリスタルSとは、田辺哲男さんが主宰するノリーズから発売中の、バス釣り用スピナーベイトのことです。

アメリカのバストーナメントに参戦している伊藤巧プロが、キッカーフィッシュを確保するのに愛用していることでも知られています。

ウエイト設定は、2種類から選べるようになっています。

3/8ozと1/2ozで、どちらにもタンデムウィローリーフタイプのブレードか装備されています。

ちなみにタンデムウィローとは、2枚のブレードで構成されていて、前に付いているのが丸いフォルムのコロラドブレード、後ろに付いているのが細長いウィローリーフブレードです。

ゆっくりとリトリーブしてもきっちりブレードが回転してくれる特徴を持っているので、スローに誘いをかけたいときにとても有効です。

スピナーベイト自体はシンキングルアーですから、キャストして放っておくとボトムまで沈んで横たわったままに。

リールハンドルを回してラインを引っ張ることで、ブレードが回転運動を起こしバスを引き寄せる仕組みになっています。

そのラインを引っ張るスピードを、できるだけ遅い状態でキープできるのが、タンデムウィローリーフタイプなのです。

しかもそれが装着されているアッバーアームが、クリスタルSの場合、弧を描いている=ベンディングアームに作られています。

これによって、真っ直ぐなアームよりも発生するバイブレーションが強くなります。

ブレードの仕事はフラッシングがメインだ!と考えているアングラーが多いですが、バイブレーションか強いほど集魚効果は広範囲に広がるでしょう。

実際にクリスタルSを使ってみると、手元に伝わってくる振動はかなり強め。

しかもキルを入れてから再スタートさせたときの、振動発生がとても素早いと感じます。

カバーに接触してバランスを崩し、その間ブレード回転が止まっていても、カバーをすり抜けた瞬間に回転が発動することで、バイトチャンスを拡大していることになるわけです。

出典:ノリーズ

(広告の後にも続きます)

クリスタルSの独特なヘッド形状に注目!

クリスタルSのヘッド形状にも注目してください。

独特なデザインが、各ウエイトごとに用意されています。

安定したスイムバランスを生み出しながら、ウィードレス効果を高めてくれます。

フッキングする際のレスポンス向上にも関わっていて、とても完成されたヘッドといえるでしょう。

シャローカバーへキャストしてリトリーブしてみると、何かに接触しているのは手元に伝わってきますが、引っ掛かってしまうトラブルはほぼ皆無。

スルスルとカバーをかわしてくれるので、手返しよく広範囲をチェックすることが可能です。

飛距離も安定して伸びますから、大胆に積極的に攻めの姿勢を貫いてください。