地方にはその土地特有のご当地ネタが多数存在する。東京にもご当地ネタはいくつかあるが、ユニークさでいうと地方に分がある。

さまざまな観光客が訪れるほど有名なものもあるため、今回は地方のおもしろご当地ネタを5つ紹介する。内容は以下の通りである。

1.青森県|JR五能線木造駅舎
2.北海道|二股駅(ふたまたえき)
3.岐阜県|関ヶ原の観光案内所
4.富山県|立山サンダーバード
5.群馬県|三途川

ライフスタイル誌から誕生した男の隠れ家デジタルが、知的好奇心をくすぐる情報を解説! 知っているご当地ネタがあるかどうか、本記事を読み進めてぜひチェックしてみてほしい。

■青森県|JR五能線木造駅舎

青森県のJR五能線木造駅舎には、巨大な遮光器土偶の形をした建物がある。この遮光器土偶は、通称「しゃこちゃん」と呼ばれている。

電車が発着すると、土偶本体の目を点滅させ、発着を知らせてくれる。この目の点滅は、通称「いらっしゃいビーム」と言われており、遮光器土偶が乗客をお出迎えしている。

遮光器土偶は駅舎と一体化しており、サイズもかなり大きいため、ほかの駅では見られない迫力がそこにある。なお、JR五能線木造駅舎は、特徴ある駅として「東北の駅百選」に選ばれている。

(広告の後にも続きます)

■北海道|二股駅(ふたまたえき)

北海道には「二股駅(ふたまたえき)」という駅が存在する。「二股」という名称がつく駅はほかにも存在するのだが、その際は「〇〇二股」といったように、元の地名と合わさっていることが多い。

しかし、北海道の「二股駅」はその名前通り、表現がストレートである。二股という言葉はあまり良い意味で用いられないのだが、この駅名は男女の恋愛事情を指しているのではない。

近くを流れる長万部(おしゃまんべ)川とチライ川が合流していることから、その名称がつけられたそうだ。