先進安全装備が続々と開発・搭載される中で、「高い車やグレード・オプション」のみに搭載されているといったイメージがありますが、近年では軽自動車にも安全装備が標準装備されている車が多く販売されています。

今回は、ダイハツの安全装備の一つ「スマートアシスト」の主な機能から最新の情報、スマアシ搭載の、おすすめの中古車を含めて紹介いたします。

スマートアシストとは?

©tamayura39/stock.adobe.com

スマートアシストとは、ダイハツが開発した車両事故防止システムのひとつ「衝突被害軽減ブレーキ」のことです。2012年12月にマイナーチェンジを経て発売された「ムーヴ」に初搭載されました。

2015年4月には、従来のレーザーレーダーに加え、単眼カメラを搭載した「スマートアシストⅡ」へ進化、さらに2016年11月には、世界最小(2017年11月30日時点。ダイハツ調べ)の小型ステレオカメラを搭載し、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応する「スマートアシストⅢ」が登場しました。

さらに、2019年7月から次世代スマートアシストとして「スマートアシスト4」が新型タントに搭載、発売されました。

自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)とは?国産車の自動ブレーキ比較まとめ|2022年最新情報

(広告の後にも続きます)

最新のスマートアシストの機能

【前バージョン】スマアシ1、2、3の違い

システム名 スマートアシスト1 スマートアシスト2 スマートアシスト3
検知システム レーザーレーダー レーザーレーダー
単眼カメラ
ステレオカメラ
ソナー
衝突警報機能
衝突回避支援ブレーキ
作動速度
30km/h以下 50km/h以下 60km/h
車線逸脱警報機能
誤発進抑制機能(前方のみ)
誤発進抑制機能(後方)
先行車発進お知らせ機能
オートハイビーム

1世代前の「スマートアシスト3」には、車両に搭載された「ステレオカメラ」と「ソナーセンサー」が、歩行者や先行車、障害物などのさまざまな情報を検知。運転手に注意を促したり、緊急性が高い場合には、ブレーキを作動させることによって、ドライバーの運転をサポートするアシスト機能としての役割を持っていました。

そして、今回紹介する最新のスマートアシストとして登場したのが「次世代スマートアシスト」です。

次世代スマートアシスト(スマートアシスト4)の新機能

@metamorworks/stock.adobe.com

このスマートアシスト4という名称はネット等で散見されていますが、正式には次世代スマートアシストと呼ばれており、ダイハツではスマートアシストかスマアシと略して記載されています。(ここでは、次世代スマートアシストの名称を「スマアシ」と記載します。)

スマアシに搭載される装備は従来のスマートアシスト3と同様に「ステレオカメラ」と「ソナーセンサー」が採用されており、正式名称は、「フォワードレコグニション・カメラ」「ウルトラソニック・センサー」と呼び、他メーカーではトヨタやマツダが同様のカメラ・センサーを採用しています。

新しく追加された装備を紹介いたします。

誤発進制御機能付きブレーキ(標準装備)

誤って発進した場合に、エンジンが出力を制御します。さらに、衝突の危険性がある場合には、ブレーキ制御が作動し衝突を回避します。

車種によって、検知方法が異なる場合がありますので、購入時には作動条件・検知方法を事前に確認しましょう。

車線逸脱抑制制御機能 (標準装備)

直進が続く高速道路などで、車両が白線をはみ出しそうになるとディスプレイ内の表示・警告音に加えて車線内に戻すようステアリングがアシストする機能になります。

作動条件はスマートアシスト3の警告音同様に60km/h以上で走行している状態となります。

標識認識機能(進入禁止) (標準装備)

車両前方に搭載されたステレオカメラ(フォワードレコグニションカメラ)が進入禁止などの標識を検知した場合、警告音とディスプレイ表示で、ドライバーに知らせてくれる機能になります。

コーナーセンサー (標準装備)

車両前後に搭載されたコーナーセンサー(ウルトラソニックセンサー)が、障害物までの距離に応じて警告音でドライバーに危険を知らせてくれる機能で、スマアシに新たに追加された装備となります。

縦列駐車時や駐車場・車庫入れなどの取り回しをアシストする機能として活躍します。

ただし、自動での縦列駐車は、下記で記述するオプション機能の一つ「スマートパノラマ・パーキング・アシスト」が必要となりますので、購入時には事前に確認をしておきましょう。

アダプティブドライビングビーム(ADB) (標準装備)

街灯が少ない・見通しが悪い道などのハイビームで走行が必要な場面で、対向車を検知すると部分的に遮光する機能になります。

スマートアシスト3に搭載されている機能の一つ「オートハイビーム」と類似しているように感じますが、オートハイビームは前方の明るさを検知して自動的に、ハイビーム・ロービームを切り替える機能であり、「アダプティブドライビングビーム」は対向車の部分だけ遮光する機能となります。

全車速追従機能AAC(アダプティクルーズコントロール)(オプション)

先行車に合わせて自動で速度を加減速することができる「アダプティブクルーズコントロール」は、車両に搭載されたステレオカメラを駆使することによって、予め設定した速度で自動走行することができる機能になります。

長距離運転や、渋滞時の運転手のアシスト機能として非常に重宝される機能になります。

また、オプション機能の一つ「レーンキープコントロール」と組み合わせることによって、自動追従に加えて、車両が車線の中央を安定して走行できるようハンドルをアシストしてくれます。

レーンキープコントロール(LKC)(オプション)

上記でも紹介した、レーンキープコントロールは、約60km/hで走行している場合、アダプティブクルーズコントロールが作動している条件で、車線の中央に安定して走行できるようハンドル操作を行うアシスト機能になります。

悪天候や太陽光などによる逆光、道路の白線が消えかかっている状態では正常に作動しない場合がありますので、あくまでアシスト機能の一つとして利用するようにしましょう。

パノラマモニタ(オプション)

前後左右に搭載した4つのカメラで、運転席から見えにくい状況を確認することができる機能になります。

車両を真上から見ているような映像をナビのモニターから確認することができ、車両周囲の状況を把握することができる便利な機能の一つになります。

スマートパノラマパーキング・アシスト(オプション)

駐車場などに停車する時、カメラで駐車枠の白線を検知し音声とモニターガイドに加えてハンドル操作をアシストします。

狭い駐車場や縦列が苦手な方でも安心して駐車することができる機能になります。

サイドビューランプ(オプション)

サイドビューランプは、ステアリングを切った方向や、ウィンカーを出した方向を明るく照らす補助灯の一つで、夜道の運転をサポートしてくれます。

また、シフトをバックギアに入れると左右両側の補助灯が点灯するようになっています。