ライフジャケットを身に着けていれば、命を危険から守れます。

安全を最優先した釣りスタイルを実践しながら、大物を狙うようにしましょう。

ここでは、市販されているライフジャケットの特徴や、おすすめアイテムをご紹介します。

ライフジャケットにはどんなタイプがあるの?

ライフジャケットとは、浮力の付いた救命具のことです。

さまざまなタイプが用意されていて、国土交通省が認可し小型船舶に乗るときに必要な桜マーク付きのものが有名です。

桜マークは付いていないものの、一定の浮力を維持可能なゲームベストも販売されています。

自分の釣りスタイルに合わせて、いろいろ試してみるのがいいでしょう。

それではライフジャケットの種類をチェックします。

●膨張式の肩掛けタイプ

普段は薄くて軽い膨張式の肩掛けライフジャケットは、釣り人である大人や子供が落水したときに身体を浮かせてくれるようになっています。

収縮していた空気室にボンベからガスが一瞬で注入されて、しっかりと水面へ導いてくれるでしょう。

もし落水したときに意識を失ってしまったとしても、上半身を上側にして浮かせてくれるのは、大きなメリットといえます。

ショアからの釣りや小型船舶に乗船しての釣り、どちらでも有効に活用できます。

実際に使ってみて、落水を実験してみたことがありますが、ボンベから一気にガスが注入される様子は圧巻。

なるほどこんなに素早く浮力が発生するのか!と、感心してしまいました。

頭が上手い具合に水面から突き出すので、呼吸するのがとても楽だったと記憶しています。

膨張式の肩掛けライフジャケットにデメリットがあるとすれば、肩から装着することになるので首の周りに圧迫感を感じてしまうことでしょうか。

ロッドを振り回したり、ロッドワークを繰り出しているときに、ライフジャケットと接触することがあるのも気にはなります。

それでもそんな些細なことで、膨張式の首掛けタイプを使用しない理由にはならないでしょう。

安心して釣りを楽しみたい人に、ぜひおすすめしたいアイテムといえます。

ボンベは一度空気注入をおこなったら、取り換えが必要になります。

カートリッジ方式になっているので、交換作業自体はそれほど難しくはありませんが、不安な人は購入した釣具店へ持ち込んで、店舗スタッフさんに相談してみましょう。

快く交換作業をおこなってくれる釣具店もあります。

出典:アマゾン

(広告の後にも続きます)

膨張式の腰巻ライフジャケットは釣りの邪魔になりにくい!

●膨張式の腰巻タイプ

膨張式で腰巻きタイプのライフジャケットは、釣りでおこなう動きを邪魔しないようにできています。

腰の位置に装着しているので、ベルトが若干太くなったような着心地で、軽くて邪魔なイメージは全く湧かないでしょう。

ショアからのアプローチや小型船舶に乗るときでも、とても扱いやすい印象です。

デメリットは、膨張した後に浮き輪に身体を任せる状態になるので、そのままでいいときと自分で輪の中に身体を持って行かなければならないときがあることでしょうか。

一度浅いエリアで膨張させてみると、いざというときに慌てなくて済むでしょう。

ボンベを交換することになってしまいますが、自らの命を守るアイテムですから、詳しく知っておくことが大切です。

また自動で膨張するものと、紐を引っ張って手動で膨張させるものがありますから、購入時にしっかり確認しておきたいものです。