19セルテートLTシリーズが発売されてから、ギア比の異なる4000番モデル2機種を使っています。

巻き心地は5.2対1のLT4000-Cが滑らかで軽快、スピーディーな展開なら6.2対1のLT4000-CXHに分があるような気がしますが、どちらか一方に絞り込めるのでしょうか?

ここでは、ダイワの19セルテート4000番について深掘りしてみます。

19セルテートLTの4000番モデルってどんなスピニングリールなの?

19セルテートLTシリーズにラインナップされている4000番モデルは、2機種あります。

LT4000-CとLT4000-CXHで、どちらを購入して使うか、とても悩みました。

ラインキャパもウエイトも同じ、当然ボディ素材はアルミで、モノコックなところも一緒。

違いはギア比のみですから、これは使ってみないと分からないわけです。

メーカー希望販売価格は、どちらも49,500円。

安い買い物ではないものの、思い切って両方ともゲットしてしまいました。

スプールに巻いたのは、PEラインの1.5号。

ターゲットは、シーバスや回遊青物になりますから、シンペンや鉄板系バイブレーションルアーをメインにキャストすることに。

まずは、ギア比5.2対1のLT4000-Cから。

ハンドルを支えるエンジンプレートが目一杯に広がっていて、しかも左右対称デザインになっています。

これが何とも美しい!

いかにも「ただ巻きリトリーブしてみろ!」と言われているようで、それに従順にしたがってしまいます。

20g前後のシンペンを河口域でキャスト、着水即リトリーブを開始。

本当にシンペンを引っ張っているのか?と疑ってしまうほど、巻き抵抗にザラっとした雑味は無く、安定した巻き心地をキープできます。

河口域なので水流の強いところと弱いところがありますから、それを乗り越えるときに負荷が切り替わるのが分かります。

T字ノブをつまむ指先に、グッとチカラを込めないと巻き続けられないような、そういう負荷が二段ほど連続で乗ってくる感じ。

本来ならハイギアのほうが体感しやすいと言われているのですが、巻き心地良好な19セルテートLT4000-Cなら、ハッキリととらえることに成功できます。

アングラーによって体感は変わるかもしれませんが、ノーマルギアの巻き心地の良さが、独特の高い感度を生み出しているのも間違いないでしょう。

ハイギアの巻き始めが重い!それがイヤ!というアングラーには、この上質な19セルテートLT4000-Cの感度を味わってみることをおすすめします。

リトリーブ中にシーバスが掛かってきましたが、巻きスピードをアップしてフッキング。

そのままランディングに持ち込むことができました。

2年以上使っていて、今でもその巻き心地に変わりがないことからも、19セルテートLT4000-Cには独特の魅力があると感じています。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

19セルテートLT4000-CXHの使用感をチェック!

6.2対1のハイギアモデル・19セルテートLT4000-CXHも、平行して使っています。

こちらもPEラインは1.5号にして、200m目一杯ストックした状態で釣り場へ。

河口域の流れにシンペンを入れて、リトリーブを開始すると、ちょっとした変化を次々に拾っていくような感覚にとらわれます。

たぶんシーバスがバイトしてきているわけではないのです。

水流の差やPEラインに当たる風、地形変化との接触、ベイトフィッシュの背中に触れた瞬間などが、全て情報化されて変化として伝わってきているのでしょう。

うるさいラジオを延々聞かされている感じに近いかもしれません。

でも、うるさい!ととらえずに、有効な情報も混ざったものを、横並びに晒してくれていると考えたら、じゅうぶん自分の釣りスタイルに活かせるのではないでしょうか。

雑味のある情報ではあるものの、自分が有効なフィルターになりさえすれば、バツグンに美味しいコーヒーが飲める!

そのきっかけ作りをしてくれるのが、19セルテートLT4000-CXHなのかもしれません。