チニングゲームで活用するために作られた、軽量コンパクトなフローティングペンシルのクロナッツ。

2種類のサイズから選択可能なこのルアーなら、バス釣りにもじゅうぶん応用できます。

ここでは、クロナッツの特徴や実釣インプレについてご紹介しましょう。

クロナッツってどんなルアーなの?

クロナッツとは、タックルハウスから発売中の小型ペンシルベイトのことです。

フローティング仕様なので、トップウォータールアーとして活用することができます。

サイズ設定は2種類、全長67mmのほうはウエイトが6.5gで、トレブルフック・ST-46の10番サイズが付いています。

結構太軸なので、大型魚が掛かってもしっかり耐えてくれるでしょう。

フックとボディをつなぐスプリットリングは、2番サイズです。

ウエイト6.5gなら、スピニングタックルはもちろん、ベイトフィネスタックルでも余裕でキャスト可能です。

ロングキャストはやや難しいですが、アキュラシー精度の高いピンポイント狙いのアプローチなら実践しやすいです。

サイドハンドキャストで低い弾道に抑えつつ、着水音を静かにして誘いをかけてください。

もうひとつのサイズは、全長79mmどウエイトは9.5gまでアップされています。

トレプルフックはST-46の8番サイズ、スプリットリングは3番です。

ウエイトが9.5gもあれば、MLパワー前後のブランクスを持ったベイトタックルで、じゅうぶんキャストできるでしょう。

遠くのポイントに届けることも可能になるので、広範囲から活性の高いバスを獲っていけるはずです。

実際にクロナッツをフィールドで使ってみました。

全長6ftのベイトロッドに、浅溝スプールのロープロファイル系ベイトリールを装着。

12lbのナイロンラインを60mほど巻いて、山間部にあるリザーバーにカヤックで浮きました。

快晴でほぼ無風状態、気温は24℃です。

岸際には多くの木々が枝葉を伸ばし、日陰を作り出しているシチュエーションになっています。

(広告の後にも続きます)

クロナッツによる実釣インプレ!

クロナッツをラインに結んで、岸際の日陰に着水させましたが、反応はありません。

バス釣りのセオリーのように、沖側に浮かんで岸を撃つ!を実践していると、釣れなかったときにお手上げになりがちです。

そこで試してみたいのが、岸際を撃つことをストップすること。

岸から少し離れたエリアへ視線を移すと、ところどころに何か沈んでいるものがあります。

倒木であったり、枯れたウィードであったり。

それらに日照が当たると、その反対側に日陰を発生させています。

ここをクロナッツで丁寧に撃っていきましょう。