フィンランドNATO加盟で急接近? 日本との防衛技術協力なるか 陸自が注目する装甲車以外にも

NATO加盟を申請したフィンランド。これまで日本とのあいだで防衛技術協力はほとんど行われていませんでしたが、ここへきて距離を縮めつつあります。フィンランドにはどのような装備品があるのでしょうか。

大きく変化? フィンランドと日本の関係

 2022年5月15日、フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領とサンナ・マリン首相が共同会見を行い、同国がNATO(北大西洋条約機構)への加盟を正式に申請すると発表。同国政府は18日に加盟申請を提出しました。これに先立ち、5月12日から15日までマリン首相が訪日し、岸田文雄首相との首脳会談を行っています。

 フィンランドは第二次世界大戦で旧ソ連と戦って敗戦国となり、戦後は旧ソ連からの干渉を防ぎ独立国家であり続けるため、NATOにも、旧ソ連を盟主とするワルシャワ条約機構にも加盟せず、軍事的中立を維持してきました。

 しかしロシアのウクライナ侵攻により、NATOに加盟して集団安全保証体制の枠組みに入るべきとの声が国内で大きくなったことから、フィンランドは約80年間堅持してきた中立政策から、NATOへの加盟に舵を切ったというわけです。

 日本とフィンランドは第二次世界大戦後、友好的な関係であり続けていますが、中立政策を堅持してきたフィンランドと安全保障における二国間協力はほとんど行われていませんでした。日本はアメリカと日米安全保障条約を締結して自由主義陣営の一員であるという立場を明確にしているため、安全保障政策は一致せず、またお互いの距離が遠いこともあったでしょう。

 しかし2019年、来日した当時のジュシ・ニーニスト国防大臣と岩屋毅防衛大臣が「防衛協力・交流に関する覚書」に署名。日本とフィンランドの二国間における安全保障協力の強化が明文化されています。

 他方、フィンランドと同様にNATOへの加盟を表明したスウェーデンとは、これまでに防衛装備品の技術交流が行われています。陸上自衛隊によるカール・グスタフ無反動砲の導入や、現在はサーブの傘下となっている造船企業コックムスによる、海上自衛隊のあわじ型掃海艦の船体に使用されているFRP(強化プラスチック)技術の供与などです。しかしフィンランドとの間では、防衛装備品の面での交流はほとんどありませんでした。

 その状況が大きく変わるかもしれません。なぜなら現在、陸上自衛隊がフィンランドの装備品を試験しているのです。

(広告の後にも続きます)

三菱案vsパトリア「AMV XP」

 陸上自衛隊が注目しているのは、フィンランドの防衛・セキュリティ企業パトリアが開発した装輪装甲車「AMV XP」です。

 陸自は現在、運用している96式装輪装甲車を後継する車両の検討を進めています。次期装輪装甲車の候補として、複数の装甲車を導入し評価試験を行い、その結果を踏まえて採用する方針です。AMV XPは、三菱重工業が提案した「機動装甲車」と共に試験車両へ選定されています。

 AMV XPはパトリアが開発した装輪装甲車「AMV」の能力向上型です。AMVは防御力の高さで知られており、たとえばポーランド軍がアフガニスタンに派遣したAMVは、イスラム原理主義武装勢力による攻撃を何度も受けたにもかかわらず少ない損害で任務を達成しました。攻撃が効果を上げないことに苛立ったイスラム原理主義武装勢力から、車体の塗装(濃緑色)に由来する「緑の悪魔」というあだ名を付けられたという逸話もあります。

 加えて、AMVよりも高く、極めて強靭な防御力を備えており、車体前面は30mm機関砲弾の直撃に耐えるそうです。

 96式装輪装甲車の後継をめぐっては、いったんはコマツが提案した装輪装甲車(改)が採用されています(防弾性の不備などから、その後白紙に)。これは、モジュールの交換により様々な用途に使用できるというコンセプトの車両でしたが、フィンランドのAMVは“Armored Modular Vehicle ”直訳すればモジュラー装甲車という名前が示す通り、モジュールを交換することで、装甲兵員輸送車としてだけでなく、装甲救急車や指揮通信車としても使用することができます。

 また、装輪装甲車(改)の開発で重視されていた車内容積の大きさについても、AMV XPは十分に確保されており、装輪装甲車(改)計画を仕切りなおす形で計画が進められている次期装輪装甲車に選定されるだけの能力は十分備えていると言えます。