新型「eKクロスEV」が世界初公開

三菱は2022年5月20日、軽自動車規格の新型バッテリー式EV「eKクロス EV」を発表しました。

eKクロス EVは三菱と日産の合弁会社、NMKVによってNMKVによる企画・開発され、日産側では兄弟車として「サクラ」も発表されています。

同日発表の新型サクラについてはこちら

日産の新型軽EV「サクラ」ついに発表!実質価格178万円からで今夏発売

(広告の後にも続きます)

eKクロスをベースとするBEVモデル

eKクロスEVはあくまでeKクロスシリーズとして登場するため、外観にはガソリン車と大きな違いはありません。ダーククロームメッキ採用のグリルやLEDフォグランプといった電気自動車らしい変更点などが見られます。

また、eKクロスの給油口は車体左側にありましたが、eKクロスEVでは車両右側に給電ポートが配置されています。

ボディカラーは計10色

ボディカラーは2トーンとモノトーンが5色ずつ、合計10色展開としています。

ツートーンでは電気導線をイメージしたカッパーメタリックをルーフカラーに新設定。EVらしさをより強調しています。