9月に入ると、東京湾や大阪湾でタチウオ釣りが始まります。

“幽霊魚”の異名を持つタチウオは、神出鬼没で天の邪鬼、簡単には釣らせてもらえないのが魅力かもしれませんね。 

タチウオテンヤのシーズンが始まったとある日、早速大阪湾に出掛けてみました。

大阪府泉佐野市の食品埠頭を基地にしている乗合船の午前便は、朝の6時に出船です。

ここから40分ほどかけて、通称「神戸沖」と呼ばれているポイントまで走ります。

このポイントに一番近いのが須磨から出船している乗合船で、20分も走れば到着です。

ポイントに着くとすでに潮上りを繰り返している乗合船が多数いました。

タチウオについてもっと知りたい方はこちら

タチウオの特徴・見分け方 | 写真から探せる魚図鑑

タチウオの図鑑ページです。タチウオの特徴がわかりやすい写真を掲載!タチウオの特徴、生息場所や釣り方、タチウオの美味しい食べ方など、タチウオについて詳しく解説しています。

タチウオ | 写真から探せる魚図鑑

(広告の後にも続きます)

アタリはあるのに掛からない・・・今日は空振り続き!

出典:PIXTA

この日の釣り座は左舷のミヨシから3番目。

水深70m近い場所から1流し目が始まりました。

タチウオはどのタナにいるか、今日はどの誘いが良いかなど、まずは手探りで色々試してみるのがいつものパターンです。

電動リールの巻き上げスピードをレベル3にして誘い始めます。

タチウオの反応が良いときは、巻き上げスピードをレベル5ぐらいに速くした方がアタリがよく出ることもあります。

レベル3で底から10mほど巻き上げたとき、コンと小さくアタリが出ました。

この日は8対2の掛け調子の竿を使っていたので、即アワセしましたが掛かりません。

アタリが出たタナでシャクリを入れて誘います。

再びコンと当たりました。

即アワセですが、また掛かりません。

今度は2mほどゆっくり巻き上げ誘っている最中に小アタリが出ました。

再び大アワセ。

しかし一向に掛かりません。

エサがないかも知れないと巻き上げてみると、エサはあらかた食い千切られていました。

2流し目、3流し目とアタリは拾えるのですがアワセのタイミングが合っていないのでしょうか、空振りばかりでまだボーズです。