「斬新シフト」どう操作? トヨタ新型SUV「bZ4X」搭載で話題「ダイヤル式シフト」解説動画が公開

トヨタが新型EV「bZ4X」に「ダイヤル式シフト」を同社として初めて採用しました。その操作方法が公式YouTubeで公開されました。

「どう操作すればいい?」を解消する動画を公開

 トヨタが新型EV「bZ4X」で初採用した「ダイヤル式シフト」の操作方法を紹介。4本の動画が公式YouTubeで公開されました。

 ストレート式やゲート式など一般的なシフトレバーと形状が大きく異なるダイヤル式シフトですが、動画では、「P(パーキング)」から「D(ドライブ)」に移動させる方法をはじめ、「D」から「R(リバース)」、「D」から「N(ニュートラル)」、各レンジから「P」へセレクトする方法を紹介しています。

 例えば、「P」から「D」に切り替える場合は、現在のシフトポジション表示を確認したうえで、ブレーキペダルをしっかり踏み、ダイヤル式シフトを押してから右に回転させます。

 シフトポジション表示が切り替わったことを確認して、終了です。ダイヤル式シフトは自動で元の位置に戻りますが、シフトチェンジは完了しています。

「D」から「R」に切り替える場合は、ブレーキペダルを踏んでダイヤル式シフトを押してから左へ回転。「D」から「N」に切り替える場合はブレーキペダルを踏みながら押します。

 各レンジから「P」へセレクトする場合は、ブレーキペダルを踏み続けて停車したことを確認し、ダイヤル式シフトの上にある「Pポジションスイッチ」を押して終了です。

※ ※ ※

 新型bZ4Xは、トヨタとスバルが共同開発したSUVタイプのEVです。スバルからも新型「ソルテラ」として市場投入されました。

 バッテリーEV専用プラットフォームを採用。低重心化や高剛性化により、滑らかで意のままの走行性能を実現しました。

 内装に関して、ダイヤル式シフトだけでなく「トップマウントメーター」もトヨタ初採用。メーターをステアリングホイールの上側を通して見えるように配置することで、ドライバーの視線移動を軽減します。

 またEVならではの装備として「ルーフソーラーパネル」を設定。1年間で走行距離1800km(社内試算値)に相当する発電量を生成し、航続可能距離に貢献します。

 さらに冬場の暖房による消費電力を減らすためのヒートポンプ式エアコンやシートヒーター、ステアリングヒーター、前席乗員足元の輻射ヒーターといった装備を搭載しました。

※ ※ ※

 なお購入方法について、スバルの新型ソルテラは現金一括やローンといった通常の購入方法ができるのに対し、トヨタの新型bZ4Xはリース専用車となります。