日産&三菱が新型軽EVを初披露

日産と三菱、そして両社の合弁会社であるNMKVは2022年5月20日、新型軽EV「日産 サクラ」と「三菱 eKクロス EV」のオフライン式を実施しました。

サクラとeKクロス EVは、NMKVによる企画・開発マネジメントの基、日産の先進技術と三菱の軽自動車開発ノウハウを融合させた軽自動車規格の電気自動車となります。

オフライン式が開催された水島製作所は今回発表された軽EVが生産される三菱の工場で、これまでも「アイ・ミーブ」や「ミニキャブ・ミーブ」といった量産電気自動車を生産してきた実績があります。

軽EVは日常使いに十分な航続距離と求めやすい価格設定を両立しつつ、BEV(バッテリー式EV)ならではの力強い走行性能、静粛性、乗り心地の良さに加え、先進の自動運転支援機能やコネクティッド技術も備えています。

(広告の後にも続きます)

正式な発表は同日14時

日産は公式Twitterアカウントにて、本日14時にサクラの発表会があることを伝えています。

正式な内外装デザインや仕様などはその時に公開されることになります。

【5/20 14時追記】新型サクラの発表記事はこちら

日産の新型軽EV「サクラ」ついに発表!実質価格178万円からで今夏発売

日産の新型車情報はこちらから

【日産】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2022年5月最新リーク情報

キックスに待望の4WD設定か!国交省のデータにも記載があった

日産キックスの第2世代e-POWER&4WD採用が確定!国交省の公表に記載アリ

右ハンドル仕様の新型エクストレイルが豪州で公開

ついに日産エクストレイルの右ハンドル仕様が豪州で公開!日本では6月発表か

その他の最新情報

【新型車情報カレンダー:2022~2023年】ニューモデル&フルモデルチェンジ予想&リーク&スクープニュースまとめ

まだカモフラ!?新型シビックタイプRが7月に特別なカモフラでデモ走行

新型シビックタイプRが「特別なカモフラ」でデモ走行を予定、7月開催のレースにて

これが次期型クラウンのエンブレムに?トヨタの商標をキャッチ

次期型クラウンのエンブレムか?トヨタが謎の商標を出願