ボルボの人気SUV「XC40」にEVモデル! 2仕様を7月発売 航続434km+先進機能も全部盛り!?

ボルボ・カー・ジャパンが、コンパクトSUV「XC40」のEVモデル「XC40 Recharge」を発表しました。シンプルに2グレードで展開する新型EVは、どのようなモデルなのでしょうか。

AWDとFWDの2仕様で展開

 ボルボ・カー・ジャパンは2022年5月18日、コンパクトSUV「XC40」のEV(電気自動車)モデル「XC40 Recharge」を発表しました。

 7月7日にボルボのオンラインストアで予約受注を開始し、2022年秋にユーザーへのデリバリーを予定しています。

 XC40は扱いやすいサイズや、カジュアルでスポーティなスタイリングと走行フィールなどが人気を集め、デビュー以来、日本におけるボルボのベストセラーとなっています。

 そのEV版となるXC40 Rechargeは、2021年11月発表の「C40 Recharge」に続くボルボにとって日本で2番目のEVモデルです。

 XC40 Rechargeは、XC40から採用している「CMAプラットフォーム」をベースとしながら、駆動用バッテリー搭載やエンジン非搭載化に合わせて、フロントセクションやフロア構造をBEV専用設計に変更。外観も、新デザインのフロントフェイスやホイールとし、全車でブラックルーフ仕様としています。

 グレードは、前後にモーターを搭載した「Ultimate Twin Motor」と、前輪にモーターを搭載した「Plus Single Motor」の2種類です。

 Ultimate Twin Motorは、合計最高出力300kW/660Nmを発生するAWD(全輪駆動)パワートレインを採用。駆動用バッテリー容量は78kWhで、航続距離は約434km(欧州WLTPモード)となっています。

 Plus Single Motorは、FWD(前輪駆動)パワートレインを採用。容量69kWの駆動用バッテリーを搭載し、航続距離424km(欧州WLTPモード)を実現しています。

 両グレードとも、アクセルペダルのコントロールだけで加速と減速を直感的かつシームレスに制御できるワンペダルドライブを採用。

 GoogleマップによるナビゲーションやGoogleアシスタントによる音声操作、さらに各種アプリケーションが利用できる「Googleアプリ/サービス」と、緊急通報サービスや故障通報サービスなどと連携する「Volvo Cars app(テレマティクス・サービス/ボルボ・カーズ・アプリ)」を導入しています。

 先進安全運転機能は、対向車対応機能や歩行者・サイクリスト検知機能、右折時対向車検知機能などを備える「City Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム)」をはじめ、全車速追従機能付ACC、車線維持支援機能、ステアリングアシスト付ブラインドスポット・インフォメーション・システム、衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)、道路逸脱回避機能、対向車線衝突回避支援機能などを標準装備しています。

 価格(消費税込)は、Ultimate Twin Motorが679万円、Plus Single Motorが579万円です。