日産がガチ悪路仕様の新「ジューク」を開発!? 過激カスタムSUV「ジュークHV ラリートリビュート」世界初公開!

欧州日産が、カスタムモデル「ジューク ハイブリッド ラリートリビュート」を製作し、2022年5月18日に世界初公開しました。

本格ラリー仕様? 外観は迫力満点!

 欧州日産は、同社のSUV「ジュークハイブリッド」をベースに、ラリー競技車のようなカスタムを施した特別モデル「ジューク ハイブリッド ラリートリビュート」を製作、2022年5月18日(現地時間)に世界初公開しました。

「ジューク ハイブリッド ラリートリビュート」は、欧州市場における「ジュークハイブリッド」の発売を記念して製作。

 外観は、1971年のサファリラリーで優勝した「240Z」をオマージュしているといいます。

 欧州日産は、「ジューク ハイブリッド ラリートリビュート」のイラストを2021年6月24日に公開しましたが、このとき大きな反響が寄せられたことから、ワンオフとなる特別モデルの製作に至ったということです。

 外観を見ると、大径オフロードタイヤ(タイヤサイズ:265/70 R16)の装着にあわせて拡大されたフェンダー部や、ラリーマシンらしい雰囲気を演出するルーフ、ボンネット上の追加ライトが特徴的です。

 フロントグリルの日産エンブレムは赤い加飾が施され、スポーティさを演出します。

 内装はリアシートが撤去されロールケージが組まれたほか、4点式シートベルト、競技用消火器、アルカンターラのステアリングホイール、油圧式ハンドブレーキなどを装着。

 なお、使用されるバイオ燃料やエンジンオイルは、1971年当時日産のパートナーとなったシェル社のものが採用されています

 欧州日産のブランド&カスタマー・エクスペリエンス担当副社長のコラリー・ミューシー氏は「(市販モデルの)ジュークハイブリッドは、クロスオーバーSUVに期待される興奮と俊敏さを提供し、優れた走行効率と性能をさらに高めます。

『ジューク ハイブリッド ラリートリビュート』は、ベース車の遊び心あるキャラクターを新たな次元に引き上げる特別モデルです」とコメントします。