見た目がエサっぽくないので、一部のアングラーから敬遠されがちなのが、スピナーベイトです。

でもルアー釣りはエサ釣りとは異なりますから、似ている・似ていないで判断してしまうのは早計でしょう。

ここでは、スピナーベイトの特徴や使い方、マッチしそうなおすすめタックルについて、詳しくご紹介します。

スピナーベイトってどんなルアーなのか知りたい!

スピナーベイトとは、ワイヤーアームとヘッド・スカート・フック・ブレードで構成されている、バス釣り用ルアーのことです。

一見複雑に見えるカタチをしていますが、付いているフックは1つなので、その辺りを食わせる工夫が盛り込まれているシンプルなシンキングルアーといえるでしょう。

バスにとって何に見えているかというと、ベイトフィッシュといえそうです。

厳密には、ベイトフィッシュの群れでしょうか。

効率よく捕食しようと考えているバスなら、1匹で泳いでいるベイトフィッシュよりも群れを襲うほうが、上手く口に出来るだろうと着想するかもしれません。

そこでヘッドに複数本のスカートを連ねて、ベイトフィッシュのボリュームを演出。

その上にブレードを持ってくることで、ベイトフィッシュのフラッシングを演出。

同時に2つの要素が混在することで、そこに複数居る!と認識しやすくなっています。

実はブレードのほうを噛んでくるバスが結構居て、それがミスバイトの原因でもあります。

スピナーベイトのアピール力の強さは、他のルアーに引けをとらないものになっているとみていいでしょう。

そのブレードに注目してみると、カタチが異なるものが付いているのが分かります。

タンデムウィローと呼ばれる2枚ブレードタイプは、先に丸っぽいコロラドブレードが装着されていて、その後ろに細長いウィローリーフブレードが配置されています。

昔からよく見かけるブレードタイプで、キャスト後ゆっくりスローにリトリーブすることを得意としています。

スローなのにブレードかきっちり回転してくれるのが、大きなメリットといえます。

例えば、深場へスピナーベイトを落とし込みたいとき。

垂直岩盤エリアなどで遭遇するシチュエーションですが、キャストしてラインテンションを保つと、リールハンドルを回さなくてもタンデムウィローブレードが水流をとらえて、きっちり回転を始めてくれます。

それが着底するまで続くのですから、アピール力は満点。

ブレード回転による振動が手元に伝わってこなくなったら、バスがバイトしてきているかもしれません。

出典:ボトムアップ

(広告の後にも続きます)

スピナーベイトのダブルウィロータイプを使いこなそう!

2枚ともウィローリーフで構成されているブレードタイプが、ダブルウィローです。

細長いフォルムのブレードなので、カバーの間を引っ掛からずにすり抜けることを得意としています。

例えば、カバーが点在するシャローエリア。

沈木や葦などに引っ掛かってしまわずに、スルリスルリと抜け出して泳いでくれることで、他のルアーにはないアピールを実践できます。

フラッシング効果も高いですから、キラキラ輝く光を見て、広範囲からバスが寄ってくる可能性もあります。

スピーディーにリトリーブできることで、回収をすぐに終えて次のキャストに移りやすいでしょう。