2022年4月28日より、株式会社カワシマがDLPプロジェクター「VE.Croce」の先行予約販売をMakuakeで開始した。VE.Croceは壁からわずか45cmで100インチ投影できる家庭用プロジェクターで、屋内はもちろん屋外でも使用できる。

超短焦点プロジェクターを探している人は、さっそくチェックしてみてほしい。

■家庭用プロジェクターの悩みを解消してくれる「VE.Croce」がMakuakeに登場!

「家で映画館のような臨場感や没入感を味わいたい!」と家庭用プロジェクターを購入したものの、部屋が狭くて大画面にならず後悔したことのある人も少なくないだろう。また、近くで見ると影ができたり、準備や片付けが面倒になったりと、プロジェクターの中にはさまざまなデメリットを持つものもある。

そうしたデメリットを上手く解消し、家に居ながらにして臨場感や没入感を体験させてくれるのがVE.Croceだ。このプロジェクターは、近くで見ても影が映り込むことがなく、面倒な準備や片付けも不要。ティッシュボックと同じぐらいの大きさなので、部屋のインテリアを邪魔することもないだろう。

(広告の後にも続きます)

■VE.Croceの何がいいって、部屋に合った大きさで投影できること!

VE.Croceの最大のメリットは、部屋に合わせていろんな大きさで投影できることだ。壁から20cmで60インチ、45cmで100インチ、66cmで150インチの大きさに投影でき、スクリーンはもちろんロールカーテンに投影することも可能である。

また、非常にコンパクトで持ち運びも楽々。専用バッテリー(別売り)があれば約2時間使用できるので、キャンプやバーベキューなど屋外で映画やゲームを楽しむこともできる。