釣りを楽しむのに釣竿=ロッドは不可欠ですが、その種類の多さには驚いてしまいます。

初心者アングラーが最初に使う釣竿を選ぼうとしても、いったいどれを手にすればいいのか悩むでしょう。

そこでここでは、海で用いる釣竿で、初心者にマッチするものをピックアップしてみましょう。

釣竿にはどんな種類があるの?

釣竿にはさまざまな種類が用意されています。

それぞれに特徴があるので、全てを挙げて説明していくのは難しいかもしれません。

釣竿の中から初心者アングラーにマッチするものをピックアップして、海釣りで使えそうなアイテムをひとつずつご紹介します。

①振出竿

釣竿の幹の部分を構成しているのがブランクスですが、そこがクルマのアンテナのように伸び縮みする構造になっているのが、振出竿です。

カンタンに長く伸ばして釣りで活用できますし、縮めるとすぐにクルマに積み込むことができます。

縮んだ状態の長さのことを、仕舞寸法と呼びますが、なんと40cm程度にまで短くなるものも。

こうなるとデイパックに入れて背中に担いだり、旅行バッグに入れて遠征に出かけたりを可能にしてくれます。

実際に使ってみると、伸ばした状態での張りは、他の種類の釣竿よりもダルな感じ。

すなわち、釣竿を揺らしてブレが生じたら、なかなか静止した状態に戻りにくいです。

釣りをしていると、このダルな感じは、魚からのアタリをスポイルしてしまう恐れがあります。

となると、フッキング動作が遅れて、せっかく釣れかかっていた魚を逃がしてしまうかも。

振出竿で釣りをする際には、手元に伝わってくる情報のみに頼らず、穂先からぶら下がっているラインの動きに注視してください。

もし魚が食い付いてきたら、ラインが張り詰めたり弛(たる)んだりします。

その瞬間を見逃さないようにして、釣竿を立ててフッキング動作をおこなってください。

リールが装着されている釣竿なら、リールハンドルを回しながらフッキングをすると、より一層確実にフックポイントが魚の口を貫通するでしょう。

②継ぎ竿

ひとまとめに縮めることのできる振出竿とは異なり、竿そのものがバラバラのパーツになるタイプを、継ぎ竿と呼びます。

2つのパーツに分かれるものは2ピースロッド、3つに分かれるものは3ピースもしくはマルチピースロッドです。

1本のままより間違いなく短い仕舞寸法になるので、携行するのに便利でしょう。

継目が精巧に出来ているので、継いだ状態でガタガタしないものがほとんど。

キレイに曲がり込んでくれますし、ブランクスパワーもじゅうぶん。

シーバスゲーム用やエギングゲーム用、チニングやアジングを楽しむ釣竿は、継ぎ竿の形式で作られているケースがほとんどといえそうです。

振出竿と同じように、クルマでの移動はもちろん、公共交通機関を利用した移動を楽におこなうことができます。

出典:アマゾン

(広告の後にも続きます)

エギングをおこなうための釣竿を万能竿として使いこなそう!

海で使う釣竿でおすすめのものといえば、ズバリ!エギングゲーム用のスピニングロッドです。

さほど長くはないブランクスでありながら、飛距離を伸ばすことに長けていて、仕掛けやルアーを機敏に的確に操作することができます。

ブランクスがブレたときの収束が素早く、手元に伝わってくる情報量も多くなります。

8ftから9f程度の長さのものを選ぶと、振り回すのも楽ですから、仕掛けやルアーか遠くまで飛んでくれるでしょう。

その練習もやりやすいですし、魚からのアタリも感知しやすくなっています。

仕掛けやルアーの重さは、背負えるエギの重さと同じくらいにすればOK。

例えば3.5号のエギをキャストできるエギングゲーム用ロッドなら、20g程度までならしっかりと振り切ってキャストすることが可能です。

仕掛けならエサを付けて、ちょい投げ釣りでシロギスなどを狙ってみてください。

防波堤から軽めのキャストをおこなうだけで、釣れるかもしれません。

ルアーを付けたら、シーバスやチヌ・ヒラメ・マゴチ・ハゼなどをターゲットにできるでしょう。