広大な河口域にはチヌ・キビレが定着していて、サイズもかなり大きなものが泳いでいます。

パワフルな引きにしっかり耐えられるように作られたロッドが、2022年プロックスからリリースされる、ブチヌキ ミドルゲーム。

岩礁帯エリアのロックフィッシュも狙えるスペックを、詳しくチェックしてみましょう。

ブチヌキ ミドルゲームとは

ブチヌキ ミドルゲームとは、2022年プロックスから新発売となるチニングゲーム用ロッドのことです。

設定タイプは、3種類から選べるようになっています。

スピニングロッド2本に、ベイトロッド1本の内訳です。

流行りのフリーリグやテキサスリグを快適に使えるように、さまざまな工夫が盛り込まれています。

そのスペックを1本ずつ確認してみましょう。

●ブチヌキ ミドルゲーム・BNMGS752TT

スピニングロッドでチューブラーティップを採用しています。

全長は2.26mで、2ピース仕様。

仕舞寸法は116cmと短いですから、釣り場への持ち運びがとても楽におこなえるでしょう。

ウエイトは115gと軽めで、先径は1.6mm、元径は12mmです。

適合するルアーウエイトは最大で20gで、適合するPEラインは0.8号から1.2号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

メーカー希望販売価格は、9,000円となっています。

7対3調子のミディアムテーパーを採用していて、ガイドシステムにはKガイドセッティングが使われています。

チューブラーティップなので、オールラウンドで強引なやり取りを楽しめるでしょう。

パイプ式のリールシート・VSSシートを搭載していて、しっかりと握り込み支えられるメリットを持っています。

出典:プロックス

(広告の後にも続きます)

ソリッドティップを搭載したブチヌキ ミドルゲームのスピニングロッドをチェック!

●ブチヌキ ミドルゲーム・BNMGS752ST

スピニングロッドで、ソリッドティップ仕様になっています。

チヌやキビレを誘う際には、ワームリグのロングステイ+シェイクは必須。

ロッドティップに発生させた揺れをキープするためには、曲がりの良いソリッド素材のほうが効果的でしょう。

硬質のソリッドで細かなシェイク、そしてスローに誘い続けることを、このスピニングロッドで実践してみましょう。

全長は2.26mで2ピース仕様ですから、仕舞寸法は116cm。

ウエイトは118gで、先径/元径は1.2/12mm。

適合するルアーウエイトは最大16gで、適合するPEラインは0.6号から1.0号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

メーカー希望販売価格は、9,200円になっています。