アメリカも!? 現実味帯びる「無人機空母」=「なんでも空母化」? 海軍の戦い方一変か

第三国にも魅力的な無人機空母

 艦載機型MQ-9Bは、アメリカ、イギリス両海軍だけでなく、小型の空母や強襲揚陸艦を運用している海軍にとっても、魅力的な存在なのではないかと思います。

 ブラジル海軍とタイ海軍は、現在運用しているヘリコプター空母で固定翼UASの運用を検討しています。日本国内にも、いずも型ヘリコプター搭載護衛艦で固定翼UASの運用を検討すべきという意見が存在しており、5月10日付の「Naval News」は、日本と韓国が艦載機型MQ-9Bに関心を持っているとも報じています。

 艦載型固定翼UASでは、ロシアとウクライナの戦いで一躍その名を世界に知らしめた「バイラクタルTB2」のメーカーであるトルコのバイカル・エアロスペースが、バイラクタルTB2の艦載機型「バイラクタルTB3」の開発を進めています。

 バイラクタルTB3はMQ-9Bに比べると小型なため、必ずしも市場で競合するとは限らないのですが、バイカル・エアロスペースのセルチュク・バイラクタルCTO(最高技術責任者)は5月11日にイスタンブールで行った講演で、「誰が最初に(艦載固定翼UASの)艦艇での発着艦を行うのかを、見てみようではないか」と述べ、艦載機型MQ-9Bへの対抗意識を露にしています。

 GA-ASIとバイカル・エアロスペースのどちらが先に、固定翼UASの艦艇運用を実現するのか、どちらが市場を制するのかはわかりませんが、豊富な実績を持つGA-ASIと勢いのあるバイカル・エアロスペースの競争により、空母や強襲揚陸艦での固定翼UASの運用、さらに言えば「無人機空母」の実現に向けた流れが、加速していくのかもしれません。