アメリカも!? 現実味帯びる「無人機空母」=「なんでも空母化」? 海軍の戦い方一変か

UAS(無人航空機システム)を空母や強襲揚陸艦の艦載機にする――それが現実に近づきつつあります。アメリカのメーカーもSTOL性能を持つ艦載機型無人機を進めており、海兵隊の在り方を一変させる可能性を有しています。

アメリカ海兵隊の戦い方を変える「無人機」

 ロシアとウクライナの戦いにおいても主力兵器となっているUAS(無人航空機システム)が、さらに進化しそうです。2022年5月10日、アメリカの無人航空機メーカーGA-ASI(ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ)が、同社の「MQ-9B」に短距離離着陸(STOL)性能を与えるためのアップグレードキットを開発していると明らかにしました。

 MQ-9BはMQ-1「プレデター」の発展改良型で、イギリス空軍や台湾空軍に採用されているほか、海上保安庁も海洋監視型の「シーガーディアン」の導入を決定しています。この無人機は離着陸時に3,500フィート(約1067m)の滑走を必要としますが、GA-ASIは数時間の作業で主翼と尾翼を交換することにより、離着陸に必要な滑走距離を1000フィート(約304.8m)以下に短縮できると述べています。

 この発表が行われた5月10日は、アメリカのワシントンD.Cでアメリカ海兵隊を主な対象とする展示会「モダン・デイ・マリーン」が開幕しており、MQ-9BのSTOLキットもセールスのメインターゲットをアメリカ海兵隊に定めているものと考えられます。

 アメリカ海兵隊は戦車部隊の全廃や、AH-1Z戦闘ヘリコプター部隊の削減などを進める一方で、対艦ミサイルなどの長射程打撃兵器やUASなどの導入により、これまでの“敵に占領された土地を逆上陸作戦によって奪回する”部隊から、敵に占領される前に島嶼部などへ展開して、“敵の占領を阻止する”部隊への転換を図っています。

 アメリカ海兵隊が事前展開を想定する島嶼部などには必ずしも整備された飛行場があるわけではなく、急造した短い滑走路でもMQ-9Bの運用が可能となるSTOLキットは、アメリカ海兵隊にとって魅力的なアイデアであると筆者(竹内 修:軍事ジャーナリスト)は思います。

(広告の後にも続きます)

“艦載機型”無人機の可能性 アメリカに必要なワケ

 さらにGA-ASIはSTOLアップグレードキットの開発により、カタパルトを装備していない空母や強襲揚陸艦でも、MQ-9Bを運用できる可能性があるとも述べています。

 GA-ASIは、潜水艦の探知に使用するソノブイを投射するランチャーポッドを搭載したMQ-9Bが、空母または強襲揚陸艦と見られる全通甲板を持った艦艇に着艦するイメージCGを発表しています。アメリカ海兵隊は対潜作戦能力を求めておらず、主翼の折り畳み機能も備えた艦載機型のMQ-9Bは、アメリカや各国の海軍をセールスのメインターゲットに据えているものと思われます。

 2016年に固定翼艦載哨戒機のS-3「バイキング」が退役して以降、アメリカ海軍の空母には専用の対潜哨戒機が搭載されておらず、現在はMH-60Rヘリコプターが対潜哨戒任務を担っています。背景では、中国海軍が潜水艦戦力を強化しているほか、もともと潜水艦戦力が豊富なロシアとも、同国のウクライナ侵攻を機に関係が悪化していることから、アメリカ海兵隊が空母の対潜水艦戦能力を迫られることは間違いなく、艦載機型MQ-9Bは、その手段の一つになり得ると筆者は思います。

 またイギリス海軍のクイーン・エリザベス級空母も、固定翼の対潜哨戒機や早期警戒機は搭載しておらず、艦載機型MQ-9Bは、イギリス海軍にとっても魅力的なアイデアでしょう。なぜなら、ソノブイ・ランチャーや、現在は「マーリン」ヘリコプターに搭載されている「クロウズネスト」レーダーを搭載すれば、対潜哨戒機や早期警戒機として使用できる可能性もあるからです。