自動車税および軽自動車税はスマホ決済アプリの使用やクレジットカードで支払いがお得です。これらを利用すれば、本来割引がきかない税金の支払いでもポイント還元というかたちで実質的な割引が受けられます。

ただし今年度は、昨年まで使えた機能が使えなくなったり、ポイントが付かなくなったりと自動車税のキャッシュレス決済事情は大きく様変わりしているため注意が必要です。

その一方で、使える地域が拡大されたり、お得なキャンペーンも実施されています。2022年度の自動車税をお得に支払う方法は「ペイジー」「au PAY」「FamiPay」の3つがおすすめです。

2022年の自動車税および軽自動車税をお得に払えるのは?

©︎Kumi/stock.adobe.com

自動車税および軽自動車税は、ご存知のとおり毎年4月1日時点での車の所有者に課せられる税金です。自動車税は排気量に応じて、2万5,000円から11万1,000円。四輪乗用車の軽自動車税は一律10,800円。さらに新車登録から13年経過した車は重課ぶんが上乗せされます。

車の税金は、まとまった額が必要になるため少しでも安く抑えたいものです。そこでおすすめなのがクレジットカードや電子マネーによるキャッシュレス決済です。

近年は各種クレジットカードや、「nanaco」「WAON」などの電子マネーカードに加え、「PayPay」「au PAY」「FamiPay」などのスマホ決済アプリでも支払いができる地域が増えてきており、現金を用意することなくスマホさえあれば家にいながら自動車税の納付ができるようになっています。

それに加えて、キャッシュレス決済のメリットはポイント還元。多額の自動車税を納付する人ほどお得になるのがキャッシュレス決済での自動車税支払いです。

ただしキャッシュレス決済が使える地域が限られるのが唯一のデメリットです。支払い可能な方法は納付書に記載されているため、まずは納付書で使用可能な支払い方法を確認しましょう。キャッシュレス決済が可能な地域は、今後さらに増えていく予定です。

(広告の後にも続きます)

クレジット派は手数料と還元ポイントに注意

©eyewave/stock.adobe.com

税金のクレジットカード払いはコンビニ実店舗では使用できず、各都道府県のカード支払いサイトから支払い手続きをする必要があります。また原則として税込330円の決済手数料がかかるため、車の排気量による税額や、カードの還元率によっては損をしてしまう点がクレジットカード払いの泣き所です。

仮に還元率1%のクレジットカードで支払うとすれば、1,500cc以下の車では自動車税30,500円×還元1%=305円しか還元されないことになるためマイナスです。近所にコンビニがない場合は燃料代がかからないメリットはあるものの、小排気量車のクレジットカード払いは、やや旨味が少ないといえるでしょう。

なお、以前から自動車税のクレジットカード払いに利用されていた「Yahoo! 公金支払い」は2022年4月1日以降は水道料金のみでしか使えなくなりました。また、支払い地域によって手数料も異なる点にも注意しましょう。東京都の場合、納付金額1万円あたりの手数料は80円、千葉県では5,000円あたり約40円です。

クレジット払いなら2022年度はペイジーがおすすめ

「Pay-easy(ペイジー)」では2022年4月1日〜7月2日まで「ペイジー20周年大感謝キャンペーン」と題し、自動車税を含む公共料金をペイジーで納付すると、現金1万円もしくは1万円相当のe-ギフトが1,000名に当たるキャンペーンを実施中です。

「ペイジー」は、ネットショッピングの支払いはもちろん、公共料金・携帯電話料金・国民年金保険料などの料金を、インターネットバンキングやATMなどから支払えるサービスであり、手数料も無料です。

キャンペーン期間中は、 1回税込500円以上を利用するたびに何度でも応募できるため、自動車税以外の支払いもすれば、それだけ当選確率がアップします。今回紹介するなかで、当たればもっともリターンが大きいのが「ペイジー」による支払いです。新年度の運試しとして、この希少な機会に1万円を狙ってみてはいかがでしょうか。