オフショアジギングで青物などをターゲットにするバーチカルなアプローチとは異なり、ショアジギングゲームで扱うメタルジグには、どのようなものを選べばいいのでしょうか。

さまざまな種類やウエイト・カラーバリエーションがラインナップされている中から、メタルジグの選び方をマスターしたいものです。

ここでは、ショアジギングやライトショアジギングで操りたいメタルジグの特徴や選び方、おすすめのタックルについてご紹介します。

メタルジグってどれを選べばいいの?

ショアジキングゲームで用いるメタルジグには、さまざまな種類が設けられています。

ウエイトやカラーの違いもさることながら、自分が使うものを選ぶ際には、ウエイトバランスに注目するといいでしょう。

3つのウエイトバランスからピックアップできるので、その特徴と選び方についてひとつずつ取り上げてみます。

①センターバランスタイプ

メタルジグは、薄くて重い印象のシンキングルアーですが、その重心の位置で大きく3つに分けることができます。

メタルジグのボディの丁度真ん中辺りに重心を持ってきているものを、センターバランスのメタルジグと呼びます。

センターバランスのメタルジグは、リトリーブに入って水中を泳がせたときに、キレのあるアクションを発生させます。

またリトリーブを止めてフォール状態に切り換えたときにも、ひらひらと傷付いたベイトフィッシュのようなアクションを起こします。

つまりリトリーブしてもフォールさせても、ナチュラルな誘いをかけられるウエイトバランスなので、表層からボトムまで広範囲に渡って誘えるようになっています。

ただし、アクションにキレのあるセンターバランスタイプほど、飛距離が伸びにくい傾向がありました。

重心がボディの真ん中にあるせいで、飛行中の姿勢が安定しないからです。

安定しないことで大きな空気抵抗となり、失速してしまうことにつながっていきます。

最新のメタルジグには、センターバランスタイプでもロングキャストを実践できるものが現われていて、デメリットの解消に向かっています。

実際にフィールドに立ってキャストしてみると、青物の反応は上々。

釣り当日のサーチベイトとして、真っ先にラインに結ぶメタルジグに推したいものです。

青物以外にも、シーバスなどのフィッシュイーターたちが食い付いてくることが多く、さまざまな釣り場で頼りになるタイプであるのは間違いないでしょう。

出典:アマゾン

(広告の後にも続きます)

よく飛んでよく沈むリアバランスタイプのメタルジグ!

②リアバランスタイプ

重心がボティの最後尾に寄っているメタルジグを、リアバランスタイプと呼びます。

キャストの際に、とても飛距離が伸びやすいというメリットを持っていて、ボトムまで素早くフォールさせることも可能です。

ただし、アクションがセンターバランスタイプとは異なり、まるでグルグルと回ってしまうような大振りなアクションに。

ベイトフィッシュに似ているかといえば、とてもそんな生命感溢れるアクションではなく、食わせの確率を少し下げてしまう可能性があります。

狙うポイントが立ち位置から遠い場合や、ボトムを積極的に攻めたいときに重宝するでしょう。