近い将来、クルマが完全自動運転化され、ステアリングを回す感触が日本人の手から失われても、手釣りでマダコを海底から引き剥がす感触は受け継がれるだろう。

 

江戸、明治、大正、昭和、平成、令和。長く続く釣法には必ず「理」がある。

 

それはたとえば大ダコに負けない強度、根掛かったときの回収率、小ダコがハリの間を抜ける構造など。

 

歳月を費やすことで選別し尽くされ得られた合理性は、たくさん釣れる、とか、面白い、とか、かっこいい、といった表面的なものではない。

 

それはもっと、人と、自然に思慮深いもの。

そう、今風にいえば、サスティナブル=持続可能性だ。

私はそれを敬愛の念を込めて「味わい深さ」と呼びたい。

出船前に船長が釣り方をレクチャー。これをよく聞いておけば安心

手釣り糸を通して海底を探るマダコとの「糸電話」。今日は音信不通か、それとも・・・

今日のマダコは公平だ

「そんなこと言ったって、私マジで苦手なんすよ、タコ!」

 

4月23日、解禁日恒例行事として私に付き合わされている三石忍が、朝日を反射して白く輝く第二海堡の壁を背に半ギレ(冗談)して言う。

 

たしかにそうだ。

腕の差が出る釣りを得意とする彼女にしてみれば、マダコの手釣りは真逆。

過去の釣果は決して悪くないのだけれど、苦手意識があるのも無理はない。

 

その横では、身体を「く」の字に折り曲げて小づく相蘇さん。

あまりに前のめりで、落ちないか心配だ。

「昨年の12月の最終日に来て以来、今日が待ち遠しかったんです」

 

上気した顔は、まるで子供が待ちに待った遊園地に来たかのようだ。

 

タコ釣りが苦手な女。

 

タコ釣りに惚れた男。

 

マダコ釣りというものは往々にして、どちらかに釣れない悪戯をするものだが、解禁祝いか、第二海堡ですぐに2人とも小ダコを手にした。

 

釣れたときの安堵感とも言うべきうれしさは、三石も、相蘇さんも同じ。

気持ちが軽くなって三石は脱力し、相蘇さんはさらに前のめりになるのだった。

「一昨年、昨年よりは釣れましたけど、第二海堡は大ダコが出なくなりましたね」

 

長年マダコを狙い続けている石井広一船長の言うとおり、最近、春先の第二海堡はパッとしない。

それでも1時間でここ数年では好成績となる11杯を釣り、南沖へ走った。

 

ダーッと南下して向かった富津南沖では水深10m台を流す。

 

すると、ここからが本番と言わんばかりに胴の間、トモ、ミヨシで1人、また1人とマダコを釣り上げ、2杯目、中には3杯目を手にする人も見え始めた。

 

上潮が速く、底はゆっくり。

こんなときはテンヤを投げると余分に糸が出てオマツリの元。

船長は船下に落とすようアナウンスする。

 

トローッと船が流れつつ1時間、海堡と同じく船中11杯が上がり、型は1㎏近い良型が中心になってきた。

 

ここから船長はピンポイントでこまめにポイントを探っていく。

 

根のきつい場所では根掛かり注意のアナウンスを入れ、そうでないときには糸を出して小づいて大丈夫と伝える。

 

いったいどれほどのポイントがあるのか想像も付かないが、空振りはなく、どの場所でもマダコは乗ってくる。

まずは恒例の第二海堡から。潮の向きと強さに応じてポイントを変える

昨年の最終日からこの日が待ち遠しかったと言う相蘇さん

マダコ釣り3回目、 前回オデコの分を取り返す3杯!

こちらもマダコ歴3回目で2杯、1.4㎏

普段はカワハギ、初のマダコに分からない!と言いつつ良型2杯

解禁日、川崎丸2号船での最大は沖揚がり直前に伊藤さんが釣り上げた2㎏。タコ釣りは最後まで分かりません

船中2杯目は胴の間で

1㎏前後が多く見られた

(広告の後にも続きます)

女性がよく釣れるワケ?

時間の経過とともに分かってきたことがある。

 

それは「今日のマダコは女性が好き」ということ。

 

三石忍をはじめ、当日は4名の女性が手釣り糸を持って小づいていたのだが、全員、無事にマダコを釣り上げている。

それもミヨシの三石以外は胴の間で、3杯、2杯、2杯だ。

 

この点について私は迷信めいた喜びを感じていたのだが、三石は違った。

いわく、今日は潮が効いていないせいかマダコの抱きが浅い。

ゆえに、小づきや合わせが急だと掛からない気がする。

その点、今日乗っている女性は全員小づきと合わせがしなやか。

このことと釣果は無関係ではない、ような気がする。

 

古い表現だが、思わずヒザをたたいてしまう話だ。

なぜなら、この日釣った人全員を撮影していて、タモの中でマダコがテンヤから外れることが非常に多く、今日は抱きが浅いなあと思っていたのだ。

 

恐るべし。

富津のタコ女。

だが、彼女の慧眼がはそれだけではなかった。

 

乗りが遠のいたと感じるとビニール片を切りだし、テンヤの上のスナップに結んだ。

いわゆる飾り、あるいはアピールアイテムのたぐいで、手釣りのマダコ釣りではこれぐらいしか工夫の余地がない。

 

というわけで、三石はビニール片を付けて小づいていたのだが、何も変わらない。

 

そりゃそうだ、先糸に縛ってもズレるのでスナップに結んでみたけど、目立たないもんね・・・。

 

彼女はそう思った。

そこで一計を案じた。

「テンヤを底から1mぐらい持ち上げて、ユラユラさせたんです。え?時間?30秒、いや、1分ぐらい宙でユラユラさせて、目立たせてから、ゆーっくり下ろしていくと、底に着いたときに、ムニュッて乗るんすよ」

 

そう語る三石忍の網袋には、あれま4杯のマダコがくんずほぐれつしている。

「その方法で何杯釣れたの?」

「4杯中3杯ですよ」

 

なんと後半に釣った3杯すべてが「宙からの誘い下げ」での「着乗り」だと言う。

 

ちなみに三石によれば、この釣り方ではほとんど底で小づかず、宙でアピールしているそうだ。

 

ちょっと待て、それ、すごくないか?

「そうすか?根周りだと、やるじゃないですか」

 

まあ、そうだけどさ、平場で意識して宙で誘うって、普通、やらないよ。

「タコに目立たせるにはいいんじゃないかって思っただけですよ。でも、やっぱりタコは苦手!」

 

あっけらかんと笑う三石忍。

 

その横では釣り始めと変わらぬ情熱で、マダコに惚れた男・相蘇さんが一心に小づき続けている。

 

こうして令和3年のマダコ解禁日は、沖揚がりの12時を迎えたのであった。

友人のサポートをしつつさすがの4杯

トップは前半~後半までコンスタントに釣り上げて4杯

海堡周りで幸先よく1杯

前半にバタバタッと3杯、その後沈黙。タコ釣りは不思議

胴の間で複数釣る人が多かった

潮変わりのチャンスに無事捕獲

マダコは海面から出た瞬間に落ちる。取り込みは必ずタモ入れしてもらおう