GW期間の4/30~5/1に茨城県常総市のあすなろの里スポーツ広場で開催された、音楽とキャンプのローカルキャンプフェス「ロマンチストとシャングリラ」に突撃取材してきました。

今回の開催で数えること4回目となった「ロマンチストとシャングリラ」は、開催ごとに定着した熱狂度の高いリピーターや地元茨城県のキャンパーや関東圏からの参加者などで大いに賑わいがありました。

↓ こちらもオススメ ↓



大規模キャンプ系フェスに初参加してみた!いまさら聞けない「GO OUT CAMP」って何?

ロマンチストとシャングリラって??

ロマンチストとシャングリラは、新たな何かを生み出し、派生するきっかけとなる「偶然の出会い」をテーマとしているアーティスト発のキャンプフェスだそうです。

気軽にアウトドアやキャンプを楽しみながら、音楽やアーティスト、出展者、地元の方、参加者との出会いが垣根を越えて繋がって行けるよう主催側の思いが込められています。

主催者の音楽ユニット「OWLMAN BLOSSOM 」が音楽だけの活動に物足りなさを感じ、趣味のキャンプができて、無名のアーティストがステージに立てるキャンプフェスを作ろうと思ったのがきっかけとのこと。自分たちの立つステージは、自分たちで作ると言う思いから、手探りでフェスを始めたそうです。

では、イベントのレポートをしていきます。

(広告の後にも続きます)

ローカルフェスイベントならではの魅力

アーティストの奏でる音をアウトドアでエンジョイ

音楽アーティスト10組によるライブは会場全体を盛り上げ、時に激しく緩やかに様々な楽曲で気分を高めてくれます。

また、ローカルならではのアーティストとの距離感も魅力の一つです。




カナザワマナブと慈光のイベント特別ユニット「 まなぶとじこう 」。

マイクテスト時の茨城弁が衝撃でしたが、歌声はとても心地よくオーディエンスも聞き入っていました。




ステージで演奏が始まると自然と人が集まり大いに盛り上がっています。

普段キャンプすることができない運動広場でキャンプ




普段はキャンプすることができない、あすなろの里スポーツ広場でキャンプ体験。このキャンプフェスは、茨城県常総市の協力を得て実現できたそうです。

50組限定のキャンプチケットは、即完売だったとか。




主催者に許可を得てキャンプサイトを見学しました。

会場全体に流れる音を聞きながら、まったりとした空間が心地よさそうでした。




焚き火を楽しむ参加者。薪は一束700円で本部で販売されていました。




ヴィンテージスタイルの参加者も。

貴重なコールマンのランタンも!?

スペシャルコラボ商品・地元食材をつかったキャンプ飯




ここでしか入手できないギアなど数量限定で販売。

OZOPS × 栗原精機 × ロマシャンのトリプルコラボグッズ(数量25個限定のペグ)




常総市の名産ズッキーニを使ったキャンプ飯。お料理キャンパー和地 旭洋シェフによる実演がありました。




ウクライナ人道支援の寄付企画としてオリジナルイベントTシャツの販売もありました。

ここからは出展ブースを紹介していきます。