商標や語感など、さまざま理由で母国と異なる車名になる事も多い自動車ですが、ホンダの場合は日本国内と同様、「二輪車も含め、過去に日本でも販売していた車名の使い回し」を多用するのが特徴です。

ならば母国日本でもその名前で売ってよさそうなものですが、あまり売れなかった車の車名が多く、そのイメージがない海外で再活用されている、という事かもしれません。

フィット

海外名:ジャズなど

フィットとフィットクロスターの海外版、ジャズ(左)とジャズクロスター(右)

2代目シティやロゴでの失敗を経て、センタータンクレイアウトを中心とした画期的なパッケージングとスポーティなデザインでヒット、ようやくホンダの看板車種となったコンパクトカー、フィット。

海外では現行モデルが中国の広汽ホンダでフィット、東風ホンダで「ライフ」として販売する以外、多くの国で「ジャズ」として販売していますが、古くは初代シティの海外名で、海外のホンダ製コンパクトカーでは定番の車名となっています。

また、日本ではいすゞからミューのOEMで1993〜1996年に販売したSUVや、同時期に販売していたアメリカン原付オートバイも「ジャズ」で、その頃からの2輪、4輪ファンにとってはおなじみの車名です。

(広告の後にも続きます)

フィットアリア/グレイス

海外名:シティなど

グレイスの海外版、シティ(6代目)

日本では2代目で終わったシティですが、その後新興国向け小型セダンとして3代目が登場、4代目からはフィットベースの小型セダンとなって、現在7代目が販売されています。

日本では4代目が「フィットアリア」、6代目が「グレイス」として日本でも販売されており、前者はタイ製、後者は日本製。

この場合は、「日本で売っている車を海外では違う名前で販売」というより、「海外でシティとして売っている車を、日本では違う名前で販売」と言った方がいいかもしれません。

最新のシティはスポーティな1リッターVTECターボあり、ショートワゴン的なシティハッチバックもありで、日本でもグレイスやシャトル後継として販売が期待されます。