高速の落下物は年間約32万件も

高速道路を走行している際、道路上になにか落ちていたという経験がある方は多いはず。

今回はそういった落下物にはどんなものが多いのか、各高速道路会社が公開している令和2年度(2020年度)のデータを基にランキング形式でお伝えします。

なぜ突然「睡魔」はやってくる? 「高速道路催眠現象」って何? 突然眠くなる理由とは

(広告の後にも続きます)

高速道路4社の落下物ランキング

出典:高速道路会社の落下物処理件数(令和2年度)

高速道路4社の内訳は上画像のとおりです。地域によってばらつきがあることが分かります。

各カテゴリを処理件数順に並べると以下表のようになります。

順位 カテゴリ 処理件数
1位 プラスチック・布・ビニール類 152,600件
2位 ロードキル 52,100件
3位 自動車部品類 28,300件
4位 木材類 27,700件

こうみると、やはり1位の「プラスチック・布・ビニール類」が圧倒的で、どの高速道路でも高い割合を占めています。この項目には毛布やタオル、ビニール袋が含まれています。

2位は意外にも「ロードキル」がランクイン。ロードキルとは自動車と衝突したことで命を落としてしまった動物のことを指すので、「落下物」というとやや語弊があるかもしれません。地域によってばらつきがあり、東日本高速と西日本高速で特に発生していることが分かります。

3位は「自動車部品類」です。これは文字通り自動車の部品のことで、バンパーやヘッドライトの破片、タイヤなどが含まれます。4位は木材類など。角材、ベニヤといった建築資材などが多くを占めています。過積載による落下などあります。