世の中丸い車が流行る時もあれば、「四角い仁鶴で丸く収めまっせ!」(by:今は亡き笑福亭仁鶴師匠)というアンバイに、四角い車が流行る時もあります。

日本車でいえば1970年代末期から1980年代にかけ、ボディデザインが凹凸のないフラッシュサーフェス化されたあたりで、クサビ型(しかもリトラクタブルライト)のウェッジシェイプになるか、箱を組み合わせたようなトラッド調になるか分かれたものです。

それ以前や現在までも含め、「四角い車」を紹介するこのシリーズ、今回は3台の日産車を厳選してみました。

910ブルーバード(6代目・1979年)

タクシーからシルエットフォーミュラまで活躍した最後のFRブル

6代目910ブルーバード セダン ターボSSS-S

ダットサン210後継としてペットネームを得た初代310、トヨタ コロナと激しい販売合戦を繰り広げた「BC戦争」、サファリで活躍した510や、アテーサ4WDターボのSSS-RもあったU12といった「ラリーのブル」など、熱い歴史を持つブルーバード。

1990年代にクルーが登場するまでタクシー用が長く作られた最後のFRブル910は、四角くスクエアな前後ボディと台形キャビンのデザインバランスが絶妙で、今見てもなかなかカッコいいミドルクラスセダンです。

後にU13で軟派になりU13、オヤジ臭いU14で終末を迎えますが、FF化されてもデザインは四角くキープしたU11/U12までが、硬派なブル最後の絶頂期でした。

(広告の後にも続きます)

B12サニー(6代目・通称トラッドサニー・1985年)

この路線でカローラに対抗し続けていれば、廃止されなかったかも

6代目B12サニー セダン 1500スーパーサルーン

何ともキマらず安っぽかったB11から一転、シャキーン!とした直線的デザインで堂々と背筋も伸び、スマートでスポーツもできそうな好青年へと変貌を遂げたB12型、通称「トラッドサニー」。

品質向上に加え、DOHCエンジンやフルタイム4WDの追加といった商品性向上も怠らなかったおかげで大ヒットとなり、一時は宿敵カローラをブチ抜き販売トップに躍り出る勢いでした。

その四角さたるや、ゲームの「マインクラフト」に登場したも違和感がなさそうなくらいで、少し角を落としてさらにスタイリッシュ&高品質にまとめたB13までは最高だったものの、バブル崩壊後のB14がコストダウンで見るも無残な姿になったのが惜しまれます。