キンメダイゲット!

仕切り直しての次の流しではサバの邪魔が入りオマツリしてしまったので、サバ対策としてハリ数を5本に減らし、アクセサリーを取り外してシンプルな仕掛けにした。

 

それが功を奏したようで無事に着底。

竿先を頭上まで上げてからジワリジワリと誘い下げ、ロッドキーパーに竿を掛けてアタリを待つとゴツゴツと竿がたたかれて30㎝のキンメをダブルでキャッチ。

 

下から1番目と3番目のハリに掛かっていたので魚が浮いていないと判断し、次の流しでは底から3mにタナを取るとキンメとムツの一荷を取り込んだ。

 

船内を見渡すと左胴の間ではキンメの4点掛けがありなんとも華やかだ。

 

その後もポツリポツリと追釣し、少しずつクーラーの中が紅く色づいてきたがほどなくして潮が速くなり、底ダチを取り直すとどんどん道糸が出てしまう。

そこで15分ほど走って水深260mのポイントへ移動。

指示ダナは底から2~14mとのことで幅広く探り、ここで40㎝級の良型キンメをゲット。

 

思わず頬が緩むが、周りではサバによるオマツリ騒ぎで大変なことになっていた。

 

しばらくするとアタリが遠くなり、船上にまったりとした時間が流れる。

 

指示ダナの上まで巻き上げてから2m刻みで落としては20秒待つという誘いを着底まで繰り返しているとゴンゴンッと魚信。

ネチネチ探るといいことがあるものだ。

ここは追い食いを狙わずさっさと巻き上げ、やや小ぶりなムツを取り込んだ。

 

最後の投入では速潮で道糸がどんどん出てしまい、アタリなく12時半に沖揚がり。

 

釣果は良型のキンメダイ、ムツ交じりで全員がお土産確保。

私はキンメダイ7枚とムツ2尾だった。

 

帰宅後、一番ぽってりしたキンメを焼き霜造りでいただいた。

ほんのり桜色の身は脂が乗っており甘くて美味。

 

明日はムツを煮つけにしよう。

わが家はしばらく豪華な食卓になりそうだ。

(広告の後にも続きます)

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!