エンジンのオーバーヒートとは?

©methaphum/stock.adobe.com

オーバーヒートとは、エンジンの温度が下がらず、異常なほど高温になった状態を指します。エンジンの適温は、約80度〜100度です。車がオーバーヒートすると、エンジンが100度以上の高温になるので、さまざまな装置に大ダメージを与えてしまいます。

エンジン内を循環しているエンジンオイルも、一般的なものは120~130度を超えると劣化が加速し、性能も急激に下がってしまうケースも見られます。つまり、温度が高すぎるとエンジンオイルの役割も期待できないということです。

冷却水が正常に循環できてないことがオーバーヒートの主な原因ですが、循環できていない原因はさまざまです。原因について詳しくは後述します。

(広告の後にも続きます)

オーバーヒートの症状3選

©NopponPAT/stock.adobe.com

水温警告灯(赤)が点灯する

オーバーヒートすると、水温警告灯が赤色に点灯します。水温警告灯は、名前のとおり水、つまり冷却水の温度を管理しています。

エンジン始動直後などは、青色に点灯しますが、青色なら問題ありません。しかし、赤色は要注意です。

赤色は、温度が上がりすぎている警告なので、オーバーヒートしているもしくはオーバーヒートになりかけている証拠です。すぐに安全な場所に停車し、エンジンを冷ましましょう。

車の水温計とは?取り付け方法から上がった時・下がった時の対処まで解説

エンジンルームから異音がする

エンジンから異音が発生します。主に「キンキン」や「カンカン」などの金属音が聞こえます。

その他に「キーキー」といった音などが聞こえることもあり、いつもと音が違うなと感じた場合、オーバーヒートを疑いましょう。エンジンオイルの性能が極端に下がったり、オイルが漏れてしまい潤滑性能が発揮できていない状態です。

エンジンルームから白煙が出る

エンジンルームから白煙が発生します。白煙は、オイルが燃えている状態です。また、オイルだけでなく水漏れを起こしている可能性も高く、オーバーヒートだけでなく焼き付きを起こすのも時間の問題でしょう。

白煙が出るほど深刻な状態であれば、他の症状も出ているはずです。エンジンへのダメージはかなり大きいと予測できます。すぐにエンジンを切りましょう。

車の異音別よくある症状・原因まとめ|キュルキュル・カタカタ音が出たら?