フカセ釣りは主に堤防や地磯、沖磯をフィールドに「グレ(メジナ)」や「チヌ(クロダイ)」、「マダイ」などをターゲットにしたエサ釣りです。なかでも渡船を利用して沖磯に渡る「磯フカセ釣り」は、陸地から離れ、魚が豊富で自然に恵まれた雄大な環境で釣りができるダイナミックさが魅力。沖磯には大物が潜んでいる場合も多く、大型魚をねらいに沖磯に通うフカセ釣り師も多いのです。
とはいえ、フカセ釣りに限らずルアー釣りであっても、沖磯釣行というと「少しハードルが高い…」と感じる方も多いのではないでしょうか。沖磯に行くには渡船を利用しますし、安全のための装備も必要になります。今回は「いつかは沖磯で大物をねらいたい!」という方に向けて、沖磯釣行の準備や段取り、装備についてご紹介します!

いざ沖磯へ!
渡船屋の予約と利用のお話

沖磯釣行に行くためには数日前から準備を進めなければなりません。いわゆる「釣行スケジュール」を決める必要があります。スケジュールといっても「いつ」「どこで」釣りをするかを事前に決めるだけです。
また、釣行時には前もって天気、風、波予報も確認しておきましょう。下調べの段階で釣行が難しいようであればスケジュールの変更も必要になります。「波は少し高いけど、これくらいなら行けるだろう…」と無理をすると思わぬ事故に繋がることも…。釣り場の本当の状況は現場でしか分からないことがほとんどですが、自分の中で「判断基準」を持っておけば無理なく釣行できますね!


沖磯の風や波は読みづらく予報が外れることも。事前に下調べしておくことで思わぬ事故やトラブルを未然に防ぐこともできるかもしれません。安全に楽しむためにも意識づけしておきたいですね!

スケジュールが決まったら、都合に合わせて渡船屋を選びます。
「渡船屋」とは沖磯に渡礁するうえで欠かせない存在で、釣り専門の渡し船のことです。磯釣りが盛んなエリアには沢山の渡船屋さんがありますから迷うことも多いと思います。初めての場合には近隣の釣具屋さんで情報収集をするとよいでしょう。また、渡船屋さんが開設しているSNSなどで釣果を見て決めるのもアリだと思います!

利用する渡船屋さんが決まったら「予約」をしなければなりません。基本的に当日受付は難しく、少なくとも前日までには予約を済ませておきます。予約の際には「日時」と「人数」を伝え、空きがあるかを確認します。
磯割(その日に渡礁できる磯)は人数によって決まります。人数が多い場合にはそれなりにキャパシティのある磯になりますし、少ない場合には小さな磯に乗ることもあります。予約時には人数を確定させておくことが大切です。


電話をすると渡船屋の船長、またはスタッフが対応してくれます。最近ではホームページやSNSのメッセージなどでも予約できる渡船屋さんが増えています

予約が完了すると、必ず船長から「出船時間」と「集合場所」を伝えられます。出船時間はシーズンや海のコンディションにより異なりますが、現場では30分前には身支度を終えてスタンバイしておけば大丈夫です。また、集合場所については事前に下調べをし、駐車場の有無も確認しておきましょう。
また、出船時間と集合場所のほかに「渡礁したい磯はありますか?」と聞かれることもあります。希望した磯に乗れることもあるのでリクエストをしてみてもよいかもしれませんね! 沖磯釣行が初めての場合には「初心者です」と一言伝えておけば、渡礁が楽で釣りのしやすい磯に乗せてもらえることもあります。

さて、これで予約完了です! あとは釣行日に向けて準備を進めるだけですね。
ちなみに、万が一悪天候やトラブルなどで予約後に出船できなくなってしまった場合には、前日のうちに渡船屋さんから連絡があります(出船確認の電話を釣り人側から行う場合もあります)。前日は最終確認と思って、心の準備をしておきましょう。

(広告の後にも続きます)

これだけは外せない!
命を守るマストアイテム



渡船屋の予約が完了したら磯釣りに必要な道具、装備の準備を進めていきます。釣竿・リール・ハリなど釣りをするうえで必要な釣り道具はもちろんですが、忘れてはならないアイテムがあります! 「ライフジャケット」「スパイクシューズ」です! この2つは沖磯釣行に欠かすことのできないマストアイテム。もちろん、堤防や地磯でも安全のため装備しなければなりませんが、沖磯では必ず着用しなければなりません。

まずはライフジャケット。細かい釣り道具や装備品を収納できる便利さもありますが、ライフジャケットは万が一落水したときに浮かせてくれる命を守るアイテムです。最近は落水事故が増えていることもあり、ライフジャケットを着用していなければ乗船できません。


ライフジャケットには数種類ありますが、沖磯に行く場合には「股紐付きライフジャケット(固型式)」を着用しましょう。釣行前には股紐の有無、フローティング材のチェックをしておくと安心ですね!

もう1つはスパイクシューズ(ブーツ)です。磯場はアスファルトのように平坦ではなく、ゴツゴツしていることがほとんどです。また、滑りやすい海苔や海藻が付着していることもありますし、波などをかぶって濡れていることも多々あります。スパイクシューズであれば滑りにくく、転倒を未然に防ぐことができます。また斜面になっている場所もあるので、踏ん張りが効くシューズが必要となります

磯専用のスパイクシューズ。足首までしっかりとホールドされており、靴底は滑りにくいフェルト付きスパイク仕様。これなら滑りやすい磯の上でも安全です

沖磯での一番のリスクは「転倒による落水・滑落」だと思われます。もちろんリスクはそれだけではありませんが直接命に関わります。安全に沖磯釣行を楽しむためにも必ずそろえるようにしましょう。