ジープとはどんな車?ブランド?

ジープは『ステランティスN.V』のクライスラーブランドから販売されています。ステランティスN.Vはフランスの自動車メーカーグループの「PSA」とイタリアの自動車メーカー「FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)」が折半し、2021年1月に設立した多国籍の自動車会社です。

ジープは、クロスカントリーカー、略してクロカンやSUVと呼ばれる四輪駆動車を代表するブランドです。悪路走破性が高く、どこにでも行ける堅牢な車がなぜ生まれたのか、また独特のスクエアなデザインを持つジープの魅力はどこにあるのかを徹底的に解説します。

女子ウケ3割増し?ジープのピックアップトラック「グラディエーター」日本初登場

(広告の後にも続きます)

ジープの特徴

©Wirestock/stock.adobe.com

四輪駆動のSUVは、現在非常に高い人気を誇っています。スタイリッシュな都会派SUVと呼ばれる車も多く誕生していますが、ジープは独特のスタイルを持っており、他にはない魅力にあふれています。

堅牢で無骨な車体に、溝がしっかりと刻まれた大径のタイヤが装着されており、悪路走破性の高さはいうまでもありません。そのパワフルな走行性能はオフロードのみならずオンロードでも楽しむことができます。

また伝統となっている丸目のヘッドライトと、特徴的なフロントマスクの「7スロットルグリル」は、ジープを印象付けます。7本の穴が縦に開けられたグリルは著作権で保護されており、ジープ以外にはつけることができません。

現在ではさまざまなタイプが販売されており、クロカン派だけでなく街乗りとして支持するユーザーも多く、SUV人気も重なり今後も需要が高まっていくのではないでしょうか。