時代の流れやさまざまな事情でフェードアウトしていった車でも、流行が一巡すれば昔の価値観が取り戻される事もありますし、レトロブームで売れる事もあるかもしれません。

それは国産車だけでなく外車も同様です。過去の名車が消えたりモデルチェンジで別物になっていても、「現代的解釈」で最新技術を用いたよりいい車になってリメイクされ、ヒット作になるかもしれません。

今回はそんな、「今復活したら売れそうな車」を、イタリア車の中から厳選してみました。

アウトビアンキ ビアンキーナ(1957年)

チンクベースのカワイイやつ

アウトビアンキ ビアンキーナのパノラミカ(ワゴン・左)と、カブリオレ(右)
©ermess/stock.adobe.com

日本ではあまりメジャーではありませんが、2代目フィアット500(ヌォーバ500、通称”チンクェチェント”または”チンク”)をベースに、フィアット傘下だったアウトビアンキで上等な内外装を与えたコンパクトカーです。

ベース車同様、リヤに空冷2気筒エンジンを載せた後輪駆動で、2ドアセダン。パノラミカ(ワゴン)、バンなど多彩なボディタイプがあります。コンバーチブルなど日産 フィガロの元ネタのようで、ちんまりとした可愛い姿でした。

現在は3代目フィアット500で、アバルト版もあります。今後もEV版で継続するようですから、それをベースに現代版ビアンキーナを作れば売れそうな気がします。

(広告の後にも続きます)

初代フィアット パンダ(1980年)

余計なものはいらないからとにかく安く!の究極系

超シンプルな初代フィアット パンダの初期型(セリエ1)

とにかく不景気で開発費など出なかった時代のフィアットから、「とにかく安くて広くて簡便な小型車を、既存車のエンジンで安く作ってほしい」と言われたカーデザイン界の巨匠、ジウジアーロ氏が「つまりシトロエン2CVみたいなヤツね?」とパパッと仕上げた車。

初期型はガラスも含めほとんど平面。ペーパークラフトのごとくアッサリした作りでしたが、実用性は高く、何より安いので大ヒットとなり、苦境のフィアットを救いました。次第に品質やデザインのクオリティが上がると、日本でも人気作に。

現在は各種最新装備の義務化であまり簡素にできませんが、「余計な装飾もなく、すごく安いEV」として作ればウケそうです。