かつて一斉を風靡したものの、その後パッとせず終わった車。あるいは最初からパッとしなかった車たち。そのユーザーやファンからは「もしかして今復活したら、案外ニーズがあって売れるんじゃ?」という声も聞かれます。

今回はそんな車の中から、1BOXワゴン/バンで「復活したら売れそうな車」を…とはいえ、今や大抵はハイエースかスズキ エブリイ/ダイハツ ハイゼット系でコト足りる分野でなかなか難しいのですが、3台集めてみました!

トヨタ ミニエース/スパーキー/ダイハツ アトレー7(1968年)

タウンエース/グランマックスベースで小型1BOXワゴンが欲しい層へ!

パブリカやヨタハチ由来の800ccエンジンを積んだトヨタの小型ミニバン、ミニエースコーチ

最近は軽トラなどリフトアップ勢、軽1BOXなど軽キャンパー勢が大イベントでも注目を集め、「SUVの新勢力」という状態です。そろそろ出てきそうなのが「カッコイイけど軽自動車は嫌だ」というユーザー層。

さりとてハイエースやキャラバンは大きすぎるという際、インドネアシアのアストラダイハツが生産、日本で輸入しているダイハツ グランマックス / トヨタ タウンエースがあります。

かつてトヨタはミニエースコーチという7人乗り800cc小型ミニバンを。その後もダイハツ アトレー7とトヨタOEM版スパーキーがありました。そろそろこれらをインドネシア製ベースで、再登板させてはどうでしょう?

(広告の後にも続きます)

フォルクスワーゲン ヴァナゴン(1995年)

BEVのID.Buzz正規輸入で実現するか?

オシャレなRVとしてちょっとした人気があったフォルクスワーゲン ヴァナゴン(画像は海外仕様のトランスポーターT4)

ミニバンは、FF車ベースで低床のハイルーフ車が売れ筋と決まったようで、大型ならトヨタ アルファード、中型はトヨタ ノア/ヴォクシー、日産 セレナ、ホンダ ステップワゴン、三菱 デリカD:5と、それぞれ覇権を争っています。

しかし輸入車は、メルセデス・ベンツのVクラスがあるものの、基本は商用バンの乗用バージョンで、ブランド価値から考えると物足りません。

1990年代にフォルクスワーゲンが販売していたヴァナゴンも同様ですが、ヒストリックカーとして人気があるタイプ2(通称ワーゲンバス)リメイク版、EVのID.BUZZを日本でも販売すれば、多少高価でも輸入ハイルーフミニバンとして人気が出そうです。