たびたびニュースで目にする車両火災。黒煙が上がる映像から、危険性をうかがうことができます。

夏場はもちろんですが、冬場も特に要注意。冬は空気も乾燥しやすいため、建物火災などと同様に車両火災にも注意しなければなりません。

車両火災は、何が原因で発生するのでしょうか?

車両火災はなぜ起きる?

©︎benjaminnolte/stock.adobe.com

令和2年版の『消防白書』をみてみると、令和元年の車両火災件数は3,585件。火災原因が判明しているものは以下のとおりです。

  • 排気管(614件)
  • 交通機関内配線(329件)
  • 放火(267件)
  • 電気機器(236件)
  • たばこ(169件)

原因として最も多い「排気管」の詳細内訳をみてみると、「着火物の漏えい(185件)」「高温物の接触(121件)」「可燃物の接触(110件)」「その他(198件)」。

排気管は車のパーツのなかでもかなり高温になりやすい箇所ですが、排気管自体が燃えるということはなかなかありません。燃料やオイルなどが漏れて高温部にかかったり、エンジンルーム内に置き忘れたウエスなどに引火して火災につながることが多いようです。

また、バッテリーのターミナルが緩んでショートしたり、カーナビやオーディオの配線トラブルなども車両火災につながっているようです。

なかにはダッシュボードに置いていたライターが直射日光によって発火したというケースも。特に夏場は、ライターやスプレー缶など、火災を引き起こす可能性のあるものを車内に放置すると危険です。

(広告の後にも続きます)

冬場は静電気にも注意

©︎umaruchan4678/stock.adobe.com

上述したもの以外、冬場は「静電気」にも注意が必要です。

特に給油時は気をつけたい場面。静電気が原因でガソリンに引火する可能性があるということは周知のとおりです。

実際に、給油中に静電気が原因となって火災が発生した事例は少なからず報告されています。

ガソリンスタンドの店員に聞いてみると「最近はコロナウイルスの影響もあってか、静電気除去パッドに触れずに給油する人もいらっしゃいます。感染対策はできる限り行っておりますので、万が一の事態を防ぐためにも、給油前は静電気除去パッドを使用していただきたいです。」とのこと。

過去の火災事例を受けて対策も進み、給油中の静電気による火災は減少していますが、ガソリンは危険物です。そのことを再認識し、静電気除去パッドなどを上手く活用しながら安全に作業すべきでしょう。