トヨタとの合弁工場にてラインオフ

2022年1月27日、マツダはアメリカ・アラバマ州にあるトヨタとの合弁工場「マツダトヨタマニュファクチャリング(MTM)」にて、新型SUV「CX-50」の生産を開始したと発表しました。

CX-50は2022年1月18日(米国時間)より量産が開始されていて、最初のラインオフの様子を写した写真も公開されています。

マツダトヨタマニュファクチャリングがTwitterで公開した動画では、同工場で生産される北米仕様のトヨタ カローラ クロスの完成車とCX-50が並んでいる様子も確認できます。

この2台は現時点では部品の共有をしていないものの、将来的に追加されるハイブリッドモデルでトヨタのハイブリッドシステムを共有するものと思われます。

(広告の後にも続きます)

5色のCX-50がラインオフ!初公開のボディカラーも

公開された写真では5台のCX-50が並んでいて、この写真からボディカラーのバリエーションも分かってきました。

マツダの代表的なボディカラーである「ソウルレッドクリスタルメタリック」や、CX-5にも追加された「ジルコンサンドメタリック」のほか、黒の「ジェットブラックマイカ」、白の「スノーフレイクホワイトパールマイカ」、青みのある「ディープクリスタルブルーマイカ」、もしくは「ポリメタルグレーメタリック」とみられるカラーリングも確認できます。

ジルコンサンドメタリックやポリメタルグレーメタリックのボディカラーはこれまでの画像などでも確認できましたが、ホワイトパールやソウルレッドなどは、公式では初公開です。