台湾の鉄道の歴史を知る「國立台灣博物館 鐵道部園區」

2020年7月7日にオープンした 「國立台灣博物館 鐵道部園區」 は、MRT北門駅の上に位置しています。メインとなる庁舎の建物は1920年に完成した「台湾総督府鉄道部」の本部として使用されていたものです。

1階は赤レンガ造り、2階は木造、そして建設当時トレンドとなっていたヴィクトリア様式のデザインが取り入れられ、現在は台湾の国家文化財にも指定されています。

台北駅近くの二二八和平公園内にある国立台湾博物館の鉄道部パークとして、台湾の鉄道の歴史や、近代の鉄道技術などを紹介しており、台北の新しい観光スポットとしても注目を集めています。

(広告の後にも続きます)

「國立台灣博物館 鐵道部園區」にはこんな展示が!

台湾の鉄道の歴史は19世紀の終わり、清の時代に始まったとされています。その後、日本統治時代に入り、鉄道の整備が進み、現在の台湾鉄道の礎ができました。

「國立台灣博物館 鐵道部園區」では、鉄道の歴史に関する展示や、かつて実際に使用されていた機械や道具、時刻表、電光掲示板、切符など鉄道に関する資料を見ることができます。

庁舎の1階には、莒光號の車内を再現した部屋があります。細部までリアルに作られていて、電車の音もBGMで流れているので、まるで本当に電車に乗っているかのような気分に!

他にも屏東にある日本統治時代に建てられた木造駅「竹田車站」を再現したエリアもあります。駅員室を再現した展示では、実際に昔使用されていた道具なども配置されています。

2階には大スケールのジオラマ展示があり、時間ごとに列車の模型が走っていく様子も見ることができます。かつての台北駅周辺の様子をジオラマで再現しているので、当時台北駅を利用していた人たちには感慨深い景色かもしれません。

ジオラマルームの縁側部分には、以前使用されていた電車の椅子の展示もあり、実際に座ることもできますよ!

庁舎の外には公務室として使用されていた木造の和風建築があります。こちらにはお子様向けの展示やプレイルームがあります。

館内の撮影OKですが、フラッシュ、三脚、 自撮り棒などの使用は禁止されていますので、見学時にはご注意を。