生麹の専門店が商う、ショップ&カフェ

「大阪屋こうじ店」へは、地下鉄東山三条駅から三条通に沿って東に歩くこと約5分。道の向こうに山を見ながらのんびりと歩いていると、大きな「麹」の看板が見えてきます。

2階建ての町家を利用した店舗の手前は、麹や味噌を販売する「大阪屋こうじ店」、奥が「糀屋cafe」になっています。

看板メニューは味噌汁。生麹で造る味噌、それを使って作る味噌汁。どこまでも自社製です。

創業は京都府舞鶴市で、麹を取り扱う「こうじ屋」として分家継承してからも200年の歴史を誇る老舗です。煉瓦室上蓋製麹法(れんがむろうわぶたせいきくほう)という昔ながらの伝統を守り、煉瓦造りの室で、温度と湿度を三日間一定に保ちながら最高の生麹を育てます。

自社製麹でつくった味噌がこちら。袋がふくらんでいるのがわかりますか?これは発酵の過程で出るガスのせい。味噌の中で麹が生き続けている証拠です。

(広告の後にも続きます)

五臓六腑にしみわたる看板メニュー「味噌汁定食」

京町家らしい、うなぎの寝床(間口が狭く、奥行きが広い間取りのこと)の奥にあるカフェスペースへ。明かり取りの坪庭から陽光が差し込みます。

味噌汁定食(杏仁豆腐付き)1100円

注文したのは看板メニューの味噌汁定食。普通なら焼き魚定食といいそうなところ、味噌汁定食としているところに、麹専門店ならではのこだわりを感じます。

「(画像なし)」

両手で包んでちょうどいいくらいの大きいお椀にたっぷり入った味噌汁。こちら6種類の味噌の中から好きな味を選べるんです。味噌はあわせればあわせるほどおいしいそうで、特に指定しなければ「京あわせ味噌」で提供されます。地方によって味が変わる味噌ですが、この京あわせ味噌は、万人に合う味にブレンドしてあるとのこと。やさしい味噌の味が体に染みこんでいきます。

京あわせ味噌 400g 780円ほか

選べるお味噌は、「赤五年味噌」「白甘味噌」「京あわせ味噌」「麦田舎味噌」「八丁あわせ味噌」「こだわり味噌」の6種類。手前の「大阪屋こうじ店」で販売しているので、気に入った味の味噌を買って帰れば、家でも店の味が再現できますね。

主役ではないけれど主役級においしい魚は、本店がある京都府舞鶴市の海で獲れたさわらの味噌漬け。ほんのり味噌の甘さが染み込んで、ごはんとよく合います。副菜にも塩麹やしょうゆ麹が使われていて、すべてが滋味深い味わい。

これおいしいなぁ、家でも食べたいなぁ。という方向けに、この日の定食に付いていた副菜の作り方を書いたレシピや塩麹や醤油麹を使ったレシピが何種類か用意されていますので、気になるものがあれば持って帰りましょう。