トヨタが12車種の一部改良を予定

©OceanProd/stock.adobe.com

2022年1月21日、トヨタディーラーへの取材によって、12車種のオーダーストップを1月~2月から順次開始することが分かりました。対象となるのは以下の車種です。

  1. アルファード
  2. ヴェルファイア
  3. GR 86
  4. カムリ
  5. ヤリス クロス
  6. ハリアー
  7. RAV4
  8. RAV4 PHV
  9. ランドクルーザープラド
  10. ハイラックス
  11. ハイエース
  12. JPNタクシー

ホンダも大胆なラインナップ刷新を予定か

ホンダラインナップに激震! 3車種を廃止&5車種を改良、シビックSUVを投入?

(広告の後にも続きます)

ほとんどの車種は法規対応がメイン

今回おこなわれる一部改良の内容について、ディーラーへ確認をしたところ「ミラー形状の変更や騒音規制への対応をすると思われる」との回答が得られました。

ミラー形状の変更については、2022年5月から装着が義務化される後退時車両直後確認装置(バックカメラ、検知システム又はミラー)に対応するためのものと思われます。

FJクルーザー後継BEV「コンパクトクルーザー」の市販型を予想!ジムニーとは競合ナシ?