トヨタの8LハイブリッドがSNSで話題

編集部が確認した新型ヴォクシーの広告

2022年1月13日に正式発表されたトヨタ新型「ヴォクシー」と「ノア」。発売から1週間が経過していますが、ヴォクシーのとある広告がSNS上でひっそりと話題になっています。

話題になっている広告では、ヴォクシーの画像とともに「トヨタ初8Lハイブリッド」の見出しが確認でき、広告主もトヨタ自動車株式会社と記載されています。

SNSでは「胸熱すぎる」「ジワジワくる」や「気になってクリックしてしまう」「タイヤが何本あっても足りない」といった反応が見られました。

ディーラーに聞いた!新型ノア&ヴォクシー90系の人気グレードやカラーを大公開

(広告の後にも続きます)

正確には「1.8Lハイブリッド」だと思われる

新型ヴォクシー(モデリスタ仕様)

分かりきっていることではありますが、当然トヨタに8Lハイブリッド車なるものは存在しません。

ヴォクシーのパワートレインは、ガソリン仕様が2.0L直列4気筒「M20A-HKS」、ハイブリッド仕様は1.8L直列4気筒エンジン「2ZR-FXE」+モーターを採用しています。8Lという記載は1.8Lの「1.」が抜けてしまったものだと考えられます。

なお1.8Lハイブリッド車は、すでに現行プリウスなどをはじめ複数存在しています。そのため、図らずも「本当に8Lが?」と妙に信憑性を高める結果となりました。

新型ノア&ヴォクシーのモデリスタモデルが初披露【東京オートサロン2022】