モータースポーツへ参戦する車は、性能差を考慮して排気量ごとにクラス分けするのが一般的で、ターボやスーパーチャージャーなど過給機、さらにロータリーエンジンの場合は排気量を一定の割合で増やして換算する「係数」に従います。

特にコンパクトカーの場合、過給機の登場後は小排気量ターボエンジンの能力次第で性能が決まる一方で、走りへの特化は実用性や価格への影響が激しくなります。

一般向けに販売され、公道も走れるとはいえ、実用性は重視しないモータースポーツベース車から、懐かしの数台を紹介します。

ダイハツG26 シャレード926ターボ(926ccターボ・1984年)

ダイハツG26 シャレード962ターボ

2代目G11シャレードターボをベースにボアダウン、排気量を993ccから926cc化。当時の国際的なターボ係数1.4(926cc×1.4=1296.4cc)でも1,300cc以下のクラスで走れる、史上最小グループBマシンです。

グループB規定で200台作ればよいラリー車の生産を渋るダイハツ本社へ、ダイハツワークスDRSの寺尾社長が「売れ残ったら全部買い取る!」とタンカを切って市販すると、意に反して注文が殺到!DRS用が残らないのではと冷や汗をかいた逸話もあります。

1985年サファリラリーでグループBクラス5に出場、グループAクラス2(1,301~1,600cc)のシャレードターボとW優勝、目的は達せられました。

(広告の後にも続きます)

日産EK10FR マーチR(930ccターボ・1988年)

日産EK10FR マーチR

1982年発売の傑作リッターカー・初代K10マーチへ、1985年に追加されたマーチターボ。987ccだったのをボアダウンで930cc化し、当時の国際的なターボ係数1.7(930×1.7=1,581cc)でも1,600以下で走れるよう考慮されたマシンです。

国産車で唯一ターボ&スーパーチャージャー両方搭載のツインチャージャーが特徴で、後に内外装をスポーティに整えた一般向けマーチスーパーターボも発売されました。ノンパワステのスパルタン仕様ながら、当時はそれで普通に買い物に出かけるオバちゃんもいました。

国際ラリーにはK10GFTマーチターボが参戦、マーチRは全日本ラリーへの参戦が主でしたが、クラス優勝など好成績を挙げています。