レクサスが新型LXの国内販売を開始

レクサス 新型LX600

レクサスは2022年1月12日、フラッグシップSUV「LX」の国内販売を開始したことを発表しました。

LXは昨年10月に約14年ぶりとなるフルモデルチェンジを遂げ、1996年デビューの初代から数えて4代目にあたります。

レクサス新型LXが発表、顔の大半がグリルに!4人乗りVIP仕様も設定

(広告の後にも続きます)

次世代レクサス車を体現した外観

全体的なシルエットは、兄弟車のトヨタ ランドクルーザー300系に近いスクウェアな形状をしていますが、デザインは別物。

フロントフェイスの大半を占める大迫力の大型スピンドルグリルが存在感を高めています。この大きなグリルは塊感を表現すると同時に、冷却機能や整流効率といった機能も備えているとのことです。

軽量化のため、エンジンフード素材にはアルミを採用。さらに、剛性を担保しつつも衝突時に頭部への衝撃緩和に配慮した構造になっています。ランドクルーザー300系にも見られるエンジンフード中央の凹形状は、前方の視認性や車両の傾斜感覚の得やすさを考慮したデザインです。

リア部分では新LEXUSロゴを採用し、一文字のテールライトを採用。これは新型NXと同様で、次世代レクサス車であることを象徴するものです。

レクサス新型LXのデザインは不評?ネットでは「ダサすぎる」「デリカじゃん」の声も