自動車には、モデルチェンジで何代にもわたり車名が続く定番車もあれば、コンセプトはそのままでもモデルチェンジで車名が変わる車、また後継車もなく消えていく一代限りの車もあります。

一代限りに終わる理由も「コンセプトが受け入れられなかった」「車名を変えてイメージチェンジが必要だった」などさまざまで、中には名車でも惜しまれつつ一代限りで終わる車、人気がなく一代限りで終わったものの、中古車人気で名車扱いの車も。

今回はそんな「一代限りで終わった名車」の中から、ダイハツ車を紹介します。

コンパーノ(1963年)

コンパーノ 2ドアベルリーナ(セダン)

ダイハツ初の小型乗用車で、まだ一家に一台マイカー時代となる前。堅実にライトバンからスタートし、遅れてワゴンやベルリーナ(セダン)、スパイダー(オープンスポーツ)、ピックアップトラック、とラインナップを拡大しました。

ラダーフレームにボディを載せる構造は重量がかさむものの、ボディ形式を増やすのに便利です。国産車初の燃料噴射装置(機械式)を採用したエンジンなど先進的な面もあり、DOHCエンジンや軽量ボディを搭載するレーシングカー、P-3などの原型でもあります。

しかし1967年、事実上トヨタの傘下に入ると、競合する小型車のコンパーノはあえなく廃止決定。1970年に一代限りで生産を終えました。

(広告の後にも続きます)

リーザスパイダー(1991年)

リーザスパイダー

贅沢なクルマづくりが可能だったバブル時代。オープンやガルウイングの派手な後輪駆動スポーツを作ったマツダ(オートザムAZ-1)、ホンダ(ビート)、スズキ(カプチーノ)に対し、既存車ベースFFオープンを作ったのがスバル(ヴィヴィオt-top)やダイハツです。

550cc時代からの軽スペシャリティカー。リーザの660ccターボ車をベースにルーフを大胆にカットし、リヤハッチも固定。ソフトトップ(幌)2シーターフルオープンカー化。

既にリーザ自体がモデル末期(1986年発売)だった事もあり、販売実績は振るわなかったものの、中古車市場では希少車として人気。クローズドボディ版より多く流通しています。