ターボタイマーとは?

©alexlmx/stock.adobe.com

ターボタイマーとはターボ車のエンジンをイグニッションをOFFにしても指定した時間の間は(大体1分~30分)稼働できるようにするチューニングパーツです。

そのためキーをOFFにしてクルマを降りて鍵をしめても、指定した時間の間はエンジンは回りっぱなしという、身近で目にする機会が少ないシュールな光景となっています。

完全にアフターパーツの装置となっているため、メーカーの純正部品として装備されているクルマは存在していません。

ターボ車のみに必要なパーツのため、自然吸気エンジンのクルマ(NA車)には全く必要がない装置。これまでNA車にしか乗ってこなかった方はあまり知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

またターボタイマーは現代のクルマには必要とされていないため、存在すら知らないといったユーザーも少なくありません。

ターボタイマーの機能や役割

ターボ車に装着されているタービンは、ユーザーが想像する以上の回転数で走行中は回転していて非常に高温になってしまいます。

そもそもタービンが何かがわからない方は飛行機のエンジンを思い浮かべていただくと分かりやすく、あのグルグル回っているものの正体がタービンです。ざっくり言うとクルマの出力を向上させてくれるパーツとなっています。

話は戻って、エンジンの場合は走行中でも数万回転(1~9万回転)程度しか回りませんが、タービンの場合は数十万回転も回る場面があります。

そのためタービンは非常に高温になりやすく、高温になったタービンの軸はエンジンオイルにフローティングされていることによって冷却されています。(タービンの軸がエンジンオイルに浮いている状態です)

つまり高温になったタービンを冷やすためには、エンジンオイルを絶えず回してあげる必要があります。

ところが、イグニッションをOFFにしてエンジンを完全に停止してしまうとエンジンオイルの供給も同時に停止されてしまい、高温になったタービンが冷却されにくい状況となってしまいます。

そのため、ターボタイマーを装着することによってイグニッションをOFFにした後でも、エンジンを止めずにエンジンオイルを循環させて、しばらくタービンを冷却することができるようになります。

もし、タービンが高温のままイグニッションをOFFにしたのと同時にエンジンを停止してしまうと、タービンの軸にダメージを与えてしまい、次回以降エンジンを作動してからタービンが回りにくくなったり、最悪の場合は完全に焼き付いてしまったりすることもあります。

意外と知らない?ターボ(ターボチャージャー)の仕組みや構造を解説!

ターボタイマーの使い方

ターボタイマーは、イグニッションOFFの後にどれくらいエンジンを回しておくか時間を指定することができます。大体の場合は1分から時間の指定が可能。持続時間は長くても30分~1時間です。

イグニッションスイッチとは?不良や故障時の交換についても

(広告の後にも続きます)

ターボタイマーはどんな車に必要?

ターボタイマーはタービンに非常に強い負荷をかかるチューニングカーなどに必要とされています。

チューニングカーはサーキットのスポーツ走行などで高速走行をする機会が多いため、普段乗り使いのユーザーと比べて、エンジンとタービンの両方とも高回転域の部分を使用してしまいます。

そのためタービンが高温になることが多く、それを対策するためにチューニングパーツメーカーがターボタイマーを販売しています。

現在はチューニングパーツメーカーの「HKS」「トラスト」など主要なメーカーから入手可能です。

ターボタイマーの代わりにアフターアイドリングを行うことも

もしターボタイマーがない場合でも、アフターアイドリングと呼ばれる行為をすることによってタービンを守ることができます。

アフターアイドリングとは、高速走行やスポーツ走行後にすぐにエンジンを切るのではなくて、そのままアイドリング状態のまま放置して、タービンの冷却を促すことです。

つまりターボタイマーが担っている役割を人力によって制御してあげる行為がアフターアイドリングというわけです。

アフターアイドリングによって放置する時間はターボタイマー同様、1分~数十分程度で良いとされています。

アイドリングストップ、噂される廃止の理由とは