今も昔も変わらないテンヤに乗せる技術

当たり前のことだが、イカ釣りはハリを口に掛ける釣りではない。

掛けバリを付けた擬餌またはエサにイカを抱き付かせて掛ける。

この点はすべてのイカ釣りで共通している。

プラヅノ、スッテ、餌木、テイラ(エサ巻き餌木も含む)には傘状のカンナが掛けバリとして結ばれている。

その中にあって、東京湾の伝統釣具であるスミイカテンヤだけは異質。

竹の台に扁平型のオモリと逆側に大きな2本の掛けバリが付けられた形は、イカ用の釣具よりマダコやイイダコテンヤとの共通点が多い。

これには理由がある。

スミイカの標準和名はコウイカ。

硬い石灰質の甲を持つイカは、底中心を生活圏とするイカが多く、スミイカはその代表だ。

エサのシャコを付けたテンヤを底に置いた状態で待って抱き付かせるのは、この生態に合わせたもので実に理にかなっている。

そのために底ベッタリにシャコを置けるスミイカテンヤを使うわけだ。

テンヤを底に着けた状態で乗せるため、スミイカが乗った感触は他のイカ釣りほど鮮明には伝わらない。

そこで定期的にシャクリを入れテンヤを跳ね上げることでイカを掛ける。

フグのタイム釣りと同じ原理だ。

スミイカが乗っている場合といない場合では、シャクリ上げたときの手応えがまるで違う。

乗っているときはガシッとシャクリ上げる竿を止められる衝撃が伝わる。

この感触がテンヤのスミイカの一番の魅力といってもいい。

テンヤのスミイカ釣りは、長い歴史を持つ東京湾の伝統釣法であり、相模湾でも一部の地域に伝わっている。

釣りの文献をひも解くと、昭和30年台前半までは手バネの釣りで、テンヤは8~12匁(約8~12号)だったというから驚く。

今よりも軽いテンヤで釣っていたわけだ。

当時の釣り方は片舷の釣りで、船は横舵に風を受けて流し、道糸は水深の倍以上出してシャクるとある。

つまりこの状態ではシャクリ上げたテンヤは垂直に上げられるのではなく、斜め上方に引き上げられる。

竿を戻して再びテンヤを着底させたときも、真下ではなく、斜めにスライドするように着底する。

道糸が太く潮流の抵抗を受けるためだ。

テンヤ釣法の経験者ならお気付きだと思うが、このテンヤの動きは現在のテンヤ釣法にも生かされている。

テンヤを投げて探ることや、シャクリ上げたテンヤをゆっくりと底に戻すことなどは、昔の道具と釣り方によるテンヤの動きを、現在のタックルで再現しているようなものなのだ。

引き継がれている物があってこそ伝統釣法と呼べるのだろうが、東京湾のスミイカのテンヤ釣りは、それが最も分かりやすい形で残されている。

ゆっくりテンヤを着底させることにより、底近くにいるスミイカにシャコをアピールする釣り方に、今も昔も変わりはない。

(左)シャコを付けたスミイカテンヤ。(右)生きたシャコを使うが、場合によっては冷凍シャコも使われる。

(広告の後にも続きます)

シャクリのフォームと竿の操作

シャクリのフォームと竿の操作