タックルハウスのチューンドK-TENシリーズ・TKLMは、主にソルトウォーターゲームで使われていますが、淡水エリアで使ってみたらどうなるでしょうか。

独特のアクションと浮力設定を保持しているルアーなので、面白い使い方ができるはずです。

ここでは、TKLMを用いて、淡水のフィッシュイーターを攻略してみます。

TKLMってどんなルアーなの?

TKLMとは、タックルハウスからリリースされている、人気の高いリップレスミノーのことです。

サイズは豊富に用意されていて、最小のもので全長80mm。

最大のもので全長140mmに設計されています。

今回実釣で使用したのは、TKLM8/9.5というタイプです。

最小の80mmで、ウエイトは9.5gになっています。

コンパクトでスリムながら、内部には重心移動システムが搭載されていて、ロングキャストを可能にしています。

フックは、ST46・5番サイズのトレブルフックが、腹部と最後尾に付いています。

かなり太軸で重さのあるトレブルフックですから、ルアーの浮力に影響を与えるのは間違いないでしょう。

そのフックとボディをつなぐスプリットリングは、このモデルのために特注されたもので、2.5番サイズという珍しいものです。

これらを全て装着した状態で海水に浮かべてみると、ゆっくりと水面に浮き上がってくるスローフローティング設定になっています。

ところが、このルアーを淡水エリアの池で浮かべてみると、なんとやや沈み気味にサスペンドするのです。

この特徴を活かしつつ、トレブルフックとスプリットリングを軽量なものに交換した、スローフローティング設定のものも準備して、実釣に臨んでみました。

出典:タックルハウス

(広告の後にも続きます)

TKLM8/9.5を持参して淡水エリアで実釣インプレ開始!

タックルハウスのリップレスミノー・TKLM8/9.5を山間部の野池へ持参し、カヤックでポイントにアプローチします。

キャストしてリトリーブをスタートすると、水深50cm前後にまで到達。

その層でボディを左右にロールさせながら、泳いでくるのが分かります。

リップが付いていませんから、見慣れたウォブリングアクションではなく、頭部アゴ先を支点にした、腰振りのような独特のアクションです。

リトリーブを止めると、ややスライドしながら動きをストップ、そして浮き上がろうとしません。

いつまでも同じ層に漂っているので、ブルーギルやバスが近寄ってきます。

バイトするまでには至りませんが、一度遠退いてはまた接近を繰り返しています。

興味を持っている雰囲気が、ひしひしと伝わってきます。