カセ釣りでオススメの釣りはコレ!

(1)完全フカセ釣り

エサのオキアミを撒きながら、ハリに刺したオキアミを一緒に流して魚を釣る方法です。
仕掛は下図のような具合で3m程度の船竿か海上釣堀用の竿などに、フロロカーボンラインを巻いたリールの道糸へ直接ハリを結ぶだけの、とてもシンプルな仕掛です。



マキエ(オキアミ)を撒いたあとにオキアミを付けた仕掛を投入。ラインをフリーで出る状態にして潮の流れにのせて流し、マキエと仕掛が同じ層を漂うように定期的にマキエをしながら魚からのアタリを待ちます。魚が掛かれば糸が引っ張られるので、糸の出を止めてアワセをいれ巻くだけです。
シンプルな釣りですが豊富な魚種が釣れるので、何が来るか分からないというのがこの釣りの魅力です。

エサを撒く用の柄杓(ひしゃく)があると便利ですよ。



(2)天秤カゴ釣り

(1)の完全フカセ釣りと比べると少し複雑な仕掛ですが、潮の流れが上層と下層で違う場合などにとても有効な釣りです。

要領は完全フカセ釣りと同じで、カゴから出たオキアミとハリに刺したオキアミを一緒に漂わせて魚を釣る方法です。比較的底を中心にねらえるのでイサキやメイチダイなど釣りたいときに大活躍してくれます。



(3)ルアー釣り(メタルジグやプラグ)

カセで釣りをしていると、目の前でサバや青物、シイラなどが水面でボイルすることもあるので、投げられるルアーロッドを1本持っていくと思わぬ大物が掛かるかもしれません。



仕掛図にはアバウトな仕掛を書いています(笑)。とくに決まっているわけではないので参考程度に…。すでにご自身が持っている道具で気軽にチャレンジしてみてください。
ちなみに、私のルアーロッドも陸釣りで使用する長めのものです。ややカセでは扱いづらいですが、そのまま使用しても十分に釣りを楽しめていますよ。

 

私なりに「伝馬船」の魅力とオススメの仕掛(釣り方)をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか? まわりを気にすることなく自由度の高いカセ釣り。カセの上では自由に釣りを楽しめるのでオススメです。一度、手持ちの道具で気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ついでに、私がお世話になっているおススメの船宿さんは下記のとおりです。よければご参考くださいね。

木下丸」 和歌山県
庄門丸」 和歌山県
さかむらイカダ」 和歌山県