私は船釣り、陸釣りともに楽しんでいるアングラーなのですが、その双方の釣り(釣り場)には特徴があります。
陸釣りだとのんびりできる分、釣り人が多いとできる釣りがどうしても制限されたり、入りたい場所へ入れなかったりすることがあります。一方、船釣りであれば釣り座は確保されています。しかし、乗合船だとほかのお客さんへの迷惑を考慮して、指定の釣り道具をそろえる必要があるなど準備がやや面倒です。

今回、そんな船釣りと陸釣り両方のイイとこ取りしたような釣り施設「カセ(筏・伝馬船)」について、とくに最近私がよく通っている「伝馬船(てんません)」がどんなものなのか、紹介していきます。

カセ(伝馬船)釣りとは?



動力のないボートを動力船で沖にあるポイントへ引いていってもらい、アンカリング(小船を固定)して釣りをする釣り方です。
アンカーを投入し固定するのを船長の指示で釣り人が行う場合と、船長自身がアンカー投入から固定までしてくれる場合がありますので、出船前にボートの固定方法や帰り際の行程などを確認しておきましょう。



(広告の後にも続きます)

伝馬船の魅力とは?

(1)船長おすすめのポイントへ案内してくれるので悩まない

日ごろ釣果の出ているよいポイントへ船長が船を持って行ってくれます。
貸しボートでの釣りのように、釣り場所に悩むこともありません。

(2)場所の移動も可能な限りしてくれます

電話や見回り時に移動するか聞いてくれる船宿があります。
船宿によって違いますが、カセの特性上、一度アンカリングすると移動できない分、様子をうかがいに動力船で船長が見回りに来てくれるのです。

出船数が多い場合は、ほかの船もありますので移動が難しいこともありますが、見回りの際に船長に相談してみましょう。

(3)自分の好きな釣りができる

エサ釣りはもちろんルアー釣りもできます。船釣りでできる釣りは大抵できます。
私は完全ふかせや天秤ズボ釣りなどをやることが多いのですが、カセにルアーロッドを持ち込んでおき、魚が跳ねているときや気分転換にルアーを投げて楽しんでいます。


釣れた魚を追いかけてきたのでルアーロッドに持ち替えて釣ったシイラ(4)気兼ねなく釣りができる

知り合い同士か自分1人でしかカセの上にはいないので、席の交代も自由にできますし釣り座にも困りません。

(5)釣れる魚の魚種が多彩

釣行する場所にもよりますが、いろいろな釣り方を試せるのでねらえる魚は多いです。

完全フカセという釣り方で私が釣ったことがあるのが、カツオ、ヨコワ(クロマグロの若魚)、ハマチ、シイラ、イサキ、メイチダイ、ウスバハギ、カワハギ、マダイ、アジなどなど。本当に魚種が豊富です。



(6)手軽なタックルで大物がねらえる

汎用の船竿や短めの磯竿などがあればいろんな魚種がねらえます。
カツオ、ハマチなどのよく引く魚やイサキ、アジ、サバなどの美味しい魚が釣れるのもカセ釣りの魅力です。

場所によってはトイレつきのカセもあったりするので、女性や子どももチャレンジしやすいと思います。






(7)釣行スケジュールは自由

各カセに分かれているので、釣況が悪く釣れていないときや逆にたくさん釣れて満足したときなど、早めに帰路に着きたいときは電話を入れて早めに引き上げてもらうことが可能です。船酔いしたまま船上で過ごすなんてこともありません。

マイペースで余裕をもって釣りができるので、たまには休憩を入れてカセの上でご飯を食べたりするのも、のんびりとして気持ちいいですよ。