ポカリスエットは「多量の汗をかいた後」「二日酔いの後」「風邪をひいたとき」などに効果的なのは有名な話だ。

しかし、ポカリスエットの誕生秘話を知らない人は意外にも多いのではないだろうか。そこで今回は、ポカリスエットが完成するまでの歴史や背景について解説する。

■ポカリスエットの発明はメキシコ

ポカリスエットの発明はメキシコだとされている。今から40年以上前、画期的な飲料の開発を目的にした研究員が、出張先のメキシコでお腹をこわして入院した。

入院先の医師から「体内の水分と栄養が不足しているから、とにかく水分と栄養を補給するように」と炭酸水を渡された。そこで研究員は「ゴクゴク飲みながら栄養も一緒に補給できる飲み物があればいいのに」と思っていた。

さらに、手術を終えた医師が水分補給のために点滴液を飲んでいるのを目撃し、研究員は「飲む点滴液」のアイデアをそこでひらめいた。これがポカリスエットの発明の第一歩である。

(広告の後にも続きます)

■ポカリスエットはスポーツ飲料ではない?

本格的に開発をスタートしたのは画期的なアイデアが出てから3年後だ。世の中がジョギングブームということもあり、研究員たちは一斉にポカリスエットの開発を始める。

アイデアをひらめいた当時は「飲む点滴液」の開発を予定していたが、「汗の飲料」として路線を変更した。汗をかいて失われるのは水分と電解質ということもあり、失った汗の成分を瞬時に補給できる飲料は需要が高いと踏んだからだ。

さらに、ポカリスエットはスポーツ飲料としてではなく、「たくさんの人に飲んでほしい」という思いがあり、日常生活の中で飲める健康飲料を目指した。

しかし、ポカリスエットの開発はすべてが順調ではなかった。研究を進める中で汗には複数の種類があり、日常でかく汗の塩分濃度はスポーツをした後よりも低いことがわかった。そこで日常の汗を再現したが、おいしくない飲料ができ上がってしまったのだ。

それからポカリスエットの試行錯誤をして2年の月日が経った。幾度となく試作を行っていた最中、あまりおいしくないとされていた「汗の飲料」と「柑橘系粉末ジュース」を社長の一声で混ぜて試飲してみた。すると独特の苦味が消え、以前よりも遥かにおいしい飲料へと変貌を遂げた。