シマノから20ツインパワーがリリースされて、すぐに手に取ってみた番手が、4000XGです。

以来1年以上フィールドで使ってみたインプレを、ここでご紹介しましょう。

15ツインパワーとどの辺が変わったのか、時間をかけてチェックしてみました。

ちなみにハイエンドスペックの18ステラも使っていますが、そこと比較するべきではないと考えています。

実売価格3万円台というコストパフォーマンスは、20ツインパワーにしか成し得ない領域だと感じるからです。

20ツインパワー4000XGの実釣インプレ!15ツインパワーとどう違うの?

20ツインパワー4000XGは、シマノから2020年にリリースされた汎用型スピニングリールです。

ウエイトが260gなので、ロッドワークをテンポよくおこなえると判断し、ライトショアジギングやシーバスゲーム・サーフゲームに投入しています。

15ツインパワーも同じような釣り方で使い込んでしたので、比較しやすいでしょう。

新旧モデルの大きな違いは、ローターの素材にあります。

15ツインパワーは、ローターが樹脂で出来ていました。

強い負荷が掛かっても、しっかりと巻き取ることはできましたが、滑らかなでスムーズな巻き取りであったか?と振り返ると、必ずしもそうではなかったと感じます。

例えば、青物のブリクラスを掛けたとき。

横走りされてロッドを立てながら耐えていると、ブリが時折息切れするタイミングがあります。

その瞬間をとらえて、止めていたハンドルを回しにかかるのですが、一瞬魚のほうに持っていかれるような感触に襲われます。

1秒か1秒半ほどの、巻き取りたいのに巻き取れない感触。

これが樹脂ローターによるたわみではないでしょうか。

1秒程度の短さならどうってことない!と考える人がいるかもしれませんが、バラシに直結する要因だと感じます。

ラインテンションが張り詰めているのに、そこを置いてけぼりにしてしまうような、とても危険で無駄な雑味なのです。

これを解消するには、ローターの剛性をアップするしかないだろうと想定していましたが、素材を樹脂から金属に変えるだけで解決するものなのかは、体験していないので分かりませんでした。

いよいよ新しい20ツインパワーが発売されると知ったとき、その明確な答えが得られると喜んだものです。

そして実際に、20ツインパワー4000XGで大型青物を狙ってみました。

出典:シマノ

(広告の後にも続きます)

金属ローターを搭載している20ツインパワー4000XG!

20ツインパワー4000XGから、ローターは金属素材に切り換わっています。

見た目では、ラインローラーの位置が少し短くなって小振りな感じがしますが、気のせいでしょうか。

早速釣り場に持ち込んで、青物を掛けます。

フッキングが、タイムラグ無しに決まります。

ラインテンションが、こちらのイメージ通りにキープできます。

青物とのやり取りに、雑味が発生しません。

たわみが全くない!とは言いませんが、魚とのやり取りの邪魔になることはありません。

これって、スゴイことではないでしょうか。

進化を遂げたさまざまなスペックが、きっちりと落とし込まれているわけです。

それを実売価格3万円台で実現し、明らかに15ツインパワーと違うリールに仕上がっています。