鋭い歯を持ち下アゴのほうが出ていてちょっとすきっ歯のイケメン「タチウオ」。銀色に輝くのはグアニン質の層で覆われているからで(ちなみにこのグアニンはマニキュアのラメに使用される)、ウロコがないタチウオは、このキラキラと輝くグアニンという物質で体の表面を保護しています。“cutlass fish(湾曲した刃をもつ剣・短剣のような魚)”と呼ばれるにふさわしい魚です。獲物をねらうときに垂直に立って泳ぐから「立ち魚」と呼ばれたともいわれるタチウオについて、今回は良型が楽しめる錦江湾のナイトゲームと、タチウオの雌雄の疑問について紹介したいと思います。

夜に会いたいナイトタチウオ

私は錦江湾内オフショアでタチウオ釣りをしますが、ショア・堤防などからもねらえるので気軽に楽しめますね。釣り方はウキ釣りやテンヤ釣り、ルアー(ジグ)釣り、天秤エサ釣りなどいろいろありますが、私はいつも(船からの)テンヤ釣りを楽しんでいます。


このようなテンヤに冷凍イワシをつけて船からタチウオをねらいます

エサはイワシに限らずサバやサンマ、きびなごなど好みで使い分けます

私のナイトタチウオは遊漁船に乗って、18時半出船の半夜便でお世話になります。
なぜ夜なのかというと、暗い海上で集魚灯に集まる魚たちをエサにタチウオが浅場へやってくるからです。そしてドラゴンと呼ばれる体長が120cm以上のものは、錦江湾では夜の釣りで釣果が多いような気がしています。夜は水深80m~100mくらいで釣れることが多いです。
幽霊魚と呼ばれるタチウオは群れで移動するらしく、釣れるときは入れ食い状態で2桁釣果はすぐということもあれば、なかなか釣れないときもあり「神出鬼没」です。だからこそ楽しくてやめられませんね。

先日のナイトタチウオはドラゴンこそ出ませんでしたが、指3本~5本がアベレージで1m以上の良型のものばかりでした。






ナイトタチウオはデイタチウオよりも随分と水深が浅いところで釣れるので、手返しよく楽しめます。集魚灯にいろんなゲストがきてくれるのも楽しみの一つで、ハガツオ・サワラ・サメなどラインをスパーンと切られることもありますが面白いシチュエーションです。錦江湾でのナイトタチウオは期間限定(遊漁船によって異なります)で、だいたい夏から秋にかけて楽しめますよ。

(広告の後にも続きます)

タチウオのオスとメスの見分け方は?

ところで魚を釣ったとき、オスかメスか気になりませんか? 私は気になる派です(笑)。
季節を通して旬の魚を釣りに行く私なのですが、たとえば春のノッコミ(産卵期)マダイはとくに分かりやすいと思います。オスはおでこが出っ張っていて顔つきがごつい感じ。何より婚姻色がでて黒い! 一方メスは綺麗なピンク色で優しい顔をしてますよね。下の写真はノッコミ時期に同船の方と私が同時に釣った写真ですが、オスメスの違いがハッキリとわかりますね。


左がオス、右がメスです

秋になるとティップランでアオリイカを釣るのですがこちらもひじょうに分かりやすい!!
オスは背中の模様が横線のシマシマになっており、メスは背中の模様が点々(ドット柄)になっています。私的にはドットは可愛いから女の子と覚えています(笑)。

横シマの入った左がオス、右がメスです

じゃあタチウオのオスとメスは? 風のうわさで聞いたことがあるのは黒目の大きさの違いだとか…。ならば調べてみよう!! 早速釣ってきたタチウオを並べて検証してみることにしました。



ふむふむ、確かに瞳(黒目)の大きさが違う気がします(体長と太さはほぼ同じくらいのサイズを6尾ならべました)。よし!! オス、メス当ててみよう! 黒目の大きいほうがオスだと聞いたことがあったので6尾の黒目をよーく見て、私的には6尾中3尾がオスだと断定しました。しかし、さばいてみると6尾中なんと5尾がメスだったのです(たくさんの卵が入っていました)。私の予想は見事にハズレてしまいました…。これは何故だろう? そんなワケで、タチウオの雌雄についてとても興味が湧いてきました。